個人向け製品のサポート

AVG アンチウイルスが脅威と見なしたアプリケーションやウェブサイトのブロックを解除する

AVG がシステムを保護する方法は?

AVG インターネット セキュリティAVG 無料アンチウイルスは、デフォルトで次のような方法を用いてユーザーのシステムを保護します。

  • アプリケーションとファイルを検疫に移動して、ユーザーのシステムで実行されないようにします。
  • システムを脅威にさらすウェブサイトへのアクセスをブロックします。

ウェブサイトまたはアプリケーションをスキャン対象外にする方法は?

安全であることが分かっているプログラムやウェブサイトは除外リストに追加することにより、AVG インターネット セキュリティAVG 無料アンチウイルスに無視されるように設定できます。AVG は、除外リストにあるアイテムは脅威と見なしません。除外リストに追加したアイテムは AVG によってスキャンされないため、確実に安全である必要があります。脅威であることが判明したアプリケーションは、後で除外リストから削除できます。

誤検出とは何ですか?

AVG のシールドとスキャンは、最善の保護を提供するプロアクティブな検出方法を採用しています。ただし、それによって誤検出が生じる可能性が高くなります。

誤検出とは、スキャンによって安全なファイルやウェブサイトが誤って脅威としてマークされることを言います。この脅威には以下が含まれます。

  • マルウェア:悪意のある目的でコンピューター システムを攻撃して、データを盗んだりシステム リソースを使用したりするために開発されたプログラム。
  • PUP(潜在的に迷惑なプログラム):他のアプリケーションと一緒に密かにダウンロードされるプログラム。安全であるように見えますが、異常に動作して、ユーザーのシステムを保護する AVG を起動させます。

脅威と見なされた安全なアプリケーションまたはウェブサイトに再度アクセスできるようにするには、どうすればよいですか?

使用しても安全であることが分かっているアプリケーションまたはウェブサイトに再度アクセスする必要がある場合は、次の記事で手順を参照してください。

  • AVG インターネット セキュリティ 20.x
  • AVG 無料アンチウイルス 20.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ