個人向け製品のサポート

AVG インターネット セキュリティと AVG アンチウイルス Mac 版 - はじめに

[AVG インターネット セキュリティ] と [AVG アンチウイルス] は、Mac をウイルス、マルウェア、フィッシング、その他の悪意のある脅威からリアルタイムで保護します。この記事では、Mac での AVG アンチウイルス(無料版)と AVG インターネット セキュリティ(有料版)の使用方法について説明します。

この記事は、最新バージョンの AVG アンチウイルスや AVG インターネット セキュリティがすでに Mac にインストールされていることを前提としています。インストール手順の詳細については、次の該当する記事を参照してください。

ユーザー インターフェースを開く

以下のいずれかの方法で、AVG アンチウイルスまたは AVG インターネット セキュリティを開きます。

  • メニュー バーの [AVG アンチウイルス] アイコンをクリックし、[AVG インターネット セキュリティを開く...] または [AVG アンチウイルスを開く] を選択します。
  • メニュー バーで [移動] をクリックし、[アプリケーション] を選択して、[AVG アンチウイルス] アイコンをダブルクリックします。

すべての機能がデフォルトで有効になっており、[完全に保護されています](AVG インターネット セキュリティ)または [基本的な保護機能は動作しています](AVG アンチウイルス)のステータス メッセージが表示されます。メイン画面では、最後に [ディープ スキャン] が実行された日付、[ウイルス定義] が最新であることも確認できます。

[保護されていません] というステータスが表示された場合は、[AVG ソフトウェア拡張機能] と [フル ディスク アクセス] を手動で確実に有効にしてください。手順の詳細については、次の記事を参照してください。

機能にアクセスする

ほとんどのアプリケーション機能には、アプリケーションのメイン画面のタイルからアクセスできます。

基本的な保護

[基本的な保護] には、[AVG アンチウイルス] と AVG インターネット セキュリティの両方で利用可能な以下の機能が含まれます。

  • [ファイルシールド]:Mac に保存されているプログラムやファイルを開く、実行、変更、保存する前に、悪意のある脅威の有無をリアルタイムでスキャンします。マルウェアが検出された場合、ファイル シールドはそのプログラムやファイルによって Mac が感染するのを防ぎます。ファイル シールドにアクセスするには、AVG のメイン画面で [コンピューター] タイルをクリックします。
  • [ウェブシールド]:インターネットの参照時に転送されたデータをリアルタイムでスキャンします。悪意のあるスクリプトなどのマルウェアが Mac にダウンロード、実行されるのを防ぎます。ウェブ シールドにアクセスするには、AVG のメイン画面で [Web & メール] タイルをクリックします。
  • [メール シールド]:メールの添付ファイルを開く、実行、変更、保存する前にリアルタイムでスキャンします。マルウェアが検出された場合、メール シールドはそのプログラムやファイルによって Mac が感染するのを防ぎます。メール シールドにアクセスするには、AVG のメイン画面で [Web & メール] タイルをクリックします。

これらのシールドの設定をカスタマイズするには、メニュー バーで [AVG アンチウイルス] または [AVG インターネット セキュリティ] に移動し、[選択項目...] ▸ [シールド] を順に選択します。

完全な保護

完全な保護には、有料の [AVG インターネット セキュリティ] のサブスクリプションでのみ利用可能な以下の機能が含まれます。

  • [ランサムウェアからの保護]:個人的な写真、文書、ファイルがランサムウェア攻撃によって変更、削除、または暗号化されないように保護します。この機能は、写真やドキュメントが含まれている可能性のあるフォルダーをスキャンして自動的に保護します。ユーザーは、信頼できないアプリケーションから保護する追加のフォルダーとファイルの種類を指定できます。また、[許可] アプリのリストにアプリケーションを追加することによって、保護されたフォルダーにあるファイルへの変更を許可するアプリケーションを指定できます。
  • フィッシング ネットでは、データベースを使用して最新のフィッシング サイトを検知し、スパム、フィッシング詐欺、悪意のあるフィッシング メールをブロックします。フィッシング ネットにアクセスするには、AVG のメイン画面で [支払] タイルをクリックします。
  • [偽ウェブサイト シールド]:偽サイトを回避して、知らないうちに犯罪者にパスワード、クレジットカード番号、その他の個人情報が渡るのを防止します。この機能は、AVG 独自の安全な DNS(ドメイン ネーム システム)サーバーを使用して確実に本物のウェブサイトに誘導することで、犯罪者による DNS 設定のハイジャックを防ぎます。偽ウェブサイト シールドにアクセスするには、AVG のメイン画面で [支払] タイルをクリックします。

すべての基本的な保護機能は、AVG アンチウイルスのインストール時にデフォルトで有効になります。さらに、[完全な保護] 機能は、AVG インターネット セキュリティをアクティベートしたときに有効になります。常にすべての機能を有効にし、Mac を最大限に保護することを強くおすすめします。機能を無効にする場合は、機能名の上にある緑色のスライダーをクリックし、システム認証情報を入力して [OK] をクリックします。スライダーが赤色(オフ)に変わり、機能が無効になります。

ランサムウェア プロテクションを管理する

[ランサムウェアからの保護](AVG インターネット セキュリティで利用可能)はデフォルトで有効になっており、写真やドキュメントのフォルダーを保護します。これらの設定をカスタマイズし、特定のファイルの種類を保護したり、[保護されているフォルダ] リストにフォルダーを追加したり、[許可するアプリ] リストにアプリケーションを追加したりできます。ランサムウェア プロテクションにアクセスするには、アプリケーションのメイン画面で [ハッカーの攻撃] タイルをクリックし、[ランサムウェア プロテクション] タイルの [開く] をクリックします。

保護されるファイルの種類をカスタマイズする

  1. [保護されているフォルダ] タブを選択し、[保護されるファイルの種類] をクリックします。
  2. ランサムウェア プロテクションで保護するファイルの種類の選択を設定したり解除したりします。
  3. 保護するファイルの種類を追加するには、ファイル拡張子(.html など)をテキスト ボックスに入力します。
  4. [保存] をクリックし、画面の指示に沿ってシステム認証情報を入力して [OK] をクリックします。

ファイルの種類の変更が保存されました。

保護するフォルダーを追加する

  1. [保護されているフォルダ] タブを選択し、[フォルダを追加] をクリックします。
  2. フォルダーを選択し、[開く] をクリックします。
  3. 求められたらシステム認証情報を入力し、[OK] をクリックします。

選択したフォルダーが [保護されているフォルダ] リストに追加されます。

許可するアプリを追加する

  1. [許可するアプリ] タブを選択し、[アプリを許可] をクリックします。
  2. アプリを選択し、[開く] をクリックします。
  3. 求められたらシステム認証情報を入力し、[OK] をクリックします。

選択したアプリが [許可するアプリ] リストに追加されます。

Mac をスキャンする

AVG アンチウイルスと AVG インターネット セキュリティでは、[Mac スキャン]、[ディープ スキャン]、ファイル スキャンの 3 つのタイプのスキャンが用意されています。スケジュールに沿って実行されるカスタム スキャンを新規作成し、定期的に自動実行することもできます。これらのスキャン オプションにアクセスするには、アプリケーションのメイン画面で [Mac をスキャン] の横にある [] アイコン(ドット 3 つ)をクリックします。

[Mac スキャン] では、Mac の最も重要なディレクトリの包括的なスキャンを実行します。Mac スキャンを実行するには:

  1. [Mac スキャン] タイルにある [スキャン] をクリックします。
  2. AVG がスキャンを実行する間、進行状況画面が表示されます。
  3. スキャンが完了したら、検出された脅威の横にある [解決する] をクリックしてファイルを検疫に移動します。または [すべて解決する] をクリックし、すべての悪意のあるファイルを検疫に移動します。脅威が検出されなかった場合は、[閉じる] をクリックするとアプリケーションのメイン画面に戻ります。
アプリケーションのメイン画面で [Mac をスキャン] をクリックして、[Mac スキャン] を起動することもできます。スキャンをキャンセルするには、進行状況画面で [検査を停止する] をクリックします。

スキャン設定をカスタマイズするには、メニュー バーの [AVG アンチウイルス] または [AVG インターネット セキュリティ] をクリックしてから [選択項目...] ▸ [スキャン] を順に選択します。

[ディープ スキャン] では、Mac のハード ドライブ上の各ファイルを詳細にスキャンします。ディープ スキャンを実行するには:

  1. [ディープ スキャン] タイルにある [スキャン] をクリックします。
  2. AVG がスキャンを実行する間、進行状況画面が表示されます。
  3. スキャンが完了したら、検出された脅威の横にある [解決する] をクリックしてファイルを検疫に移動します。または [すべて解決する] をクリックし、すべての悪意のあるファイルを検疫に移動します。脅威が検出されなかった場合は、[閉じる] をクリックして AVG のメイン画面に戻ります。
通常、ディープ スキャンは解析するファイル数が多いため、Mac スキャンまたはファイル スキャンよりも大幅に長い時間がかかります。

スキャン設定をカスタマイズするには、メニュー バーの [AVG アンチウイルス] または [AVG インターネット セキュリティ] をクリックしてから [選択項目...] ▸ [スキャン] を順に選択します。

ファイル スキャンでは、スキャン対象とする Mac 上のファイルやフォルダーを指定できます。ファイル スキャンを実行するには:

  1. [ファイル スキャン] タイルの [スキャン] をクリックします。
  2. スキャンするファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  3. AVG がスキャンを実行する間、進行状況画面が表示されます。
  4. スキャンが完了したら、検出された脅威の横にある [解決する] をクリックしてファイルを検疫に移動します。または [すべて解決する] をクリックし、すべての悪意のあるファイルを検疫に移動します。脅威が検出されなかった場合は、[閉じる] をクリックして AVG のメイン画面に戻ります。

スキャン設定をカスタマイズするには、メニュー バーの [AVG アンチウイルス] または [AVG インターネット セキュリティ] をクリックしてから [選択項目...] ▸ [スキャン] を順に選択します。

[カスタム スキャンのスケジュールを設定] 機能では、どの種類のスキャンでも自分が指定した設定どおりに定期的かつ自動的に実行できます。カスタム スキャンを作成するには:

  1. [カスタム スキャンのスケジュールを設定] タイルの [スキャンのスケジュールを作成する] をクリックします。
  2. これから作成するスキャンの名前を入力し、思いどおりに次のパラメーターをカスタマイズします。
    • スキャンの種類:下向き矢印をクリックし、[Mac スキャン]、[ディープ スキャン]、[ファイル スキャン] のどれかを選択します。
    • [頻度]:下向き矢印をクリックし、[1 回]、[毎日]、[毎週]、[毎月] のどれかを選択します。
    • [日付]:スキャンを実行する日付を選択します。
      • [1 回のみ]:カレンダー アイコンをクリックし、日付を選択します。
      • [毎週]:下向き矢印をクリックし、曜日を選択します。
      • [月ごと]:テキスト ボックス内をクリックし、日付を選択します。
    • [開始時間]:時刻のボックスをクリックしてから、キーボードの上向きまたは下向き矢印キーを使用して、目的のスキャン開始時刻を設定します。
  3. [ファイル スキャン] を選択した場合は [フォルダを追加] をクリックし、スキャン対象のフォルダーを選択します。
  4. 以下のオプションのチェック マークを入れたり外したりして、目的どおりにスキャン設定を指定します。
    • [圧縮ファイルを検査]:zip、rar 形式などの圧縮ファイルやその他の実行可能ファイルを含めます。これらのファイル タイプを含めると、スキャンの所要時間が長くなります。
    • 外部ドライブと共有フォルダーをスキャン:Mac の外付けドライブとネットワーク上の共有フォルダーをすべて対象に含めます。
    • [必要ないかもしれないアプリケーション(PUA)をスキャン]:ほかのアプリケーションに紛れて密かに Mac にダウンロードされたスパイウェアやアドウェアなどの PUA(不要である可能性のあるアプリケーション)がないかスキャンします。
    • Time Machine のバックアップをスキャン:スキャン スケジュールに Time Machine のバックアップのスキャンを含めます。Time Machine は Mac に標準装備されているバックアップ機能です。
    スケジュールを設定してスキャンを実行するときは、Time Machine のバックアップ用の外部ストレージ デバイスを Mac に接続しておく必要があります。
    • [バッテリーで稼動しているときスキャンする]:Mac の電源プラグがコンセントから外されているときでも、スケジュールどおりにスキャンが実行されます。
    • [スキャン時に Mac を起動]:Mac がスリープ モードに入っているときでも、スケジュールどおりにスキャンが実行されます。必要に応じて AVG が Mac のスリープ モードを解き、スケジュールどおりにスキャンを実行します。
  5. [保存] をクリックして設定を確定します。

ユーザー設定のスキャンはユーザーの指定したスケジュールどおりに実行されます。設定したカスタム スキャンのパラメーターの概要が、[スキャンのオプション] 画面に表示されます。スキャンを編集または削除するには、スキャン詳細にカーソルを合わせ、[] アイコン(ドット 3 つ)をクリックして、[スキャンを編集] または [スキャンを削除する] を選択します。

検疫されたファイルを管理する

ダウンロードしたファイルが脅威であることをファイル シールドが検出すると、ファイルが検疫に移動されたことを知らせるアラート通知が表示されます。[了解] をクリックしてアラート ウィンドウを閉じるか、[詳細を見る] をクリックして、検出された脅威に関する詳細情報を表示します。

検疫されたファイルを管理するには:

  1. アプリケーションのメイン画面で [コンピュータ] タイルをクリックします。
  2. [隔離] タイルにある [開く] をクリックします。
  3. 管理する各ファイルの横にあるボックスにチェック マークを入れるか、[すべての項目を選択] を選択します。
  4. 選択したファイルに対するアクションを選択します。
    • [復元]:ファイルを元の場所に戻し、アクセスできるようにします。
    • [復元先...]:指定した場所にファイルを移動します。
    • [削除]:ファイルを Mac から恒久的に削除します。
  5. [復元先...] を選択した場合は、ファイルの移動先を選択して [開く] をクリックします。
  6. 画面に指示が表示されたら、システム認証情報を入力し、[OK] をクリックしてアクションの権限を付与します。
  7. [削除] を選択した場合は [削除] をクリックし、ファイルが Mac から恒久的に削除されることを確認します。
  8. すべてのファイルの管理が終了したら、[閉じる] をクリックします。

例外を設定する

ファイル シールド、ウェブ シールド、メール シールドに例外を設定し、特定のファイル、フォルダー、サーバーをこれらのシールドによるスキャンから除外できます。

  1. メニュー バーの左側にある [AVG アンチウイルス] または [AVG インターネット セキュリティ] をクリックしてから、コンテキスト メニューの [選択項目...] を選択します。
  2. [例外] タブをクリックし、左側のメニューでシールドを 1 つ選択します。
  3. ウィンドウ左下にあるロックをクリックし、システム認証情報を入力して [OK] をクリックし、変更の権限を付与します。
  4. 画面下部にある +(プラス)記号をクリックします。
  5. 該当するオプションを選択します。
    • [ファイルシールド]:除外するファイルやフォルダーを参照し、[開く] をクリックします。
    • [ウェブ & メール シールド]:除外するサーバー名を入力し、展開したメニューからサービスを選択して [追加] をクリックします。

例外を設定できました。[例外] からファイルやサーバーを削除するには、ウィンドウ左下にあるロックをクリックし、システム認証情報を入力して [OK] をクリックし、変更の権限を付与します。その後、削除する例外を選択し、[-](マイナス)記号をクリックします。

AVG アカウントに接続する

AVG アカウントを使用すると、AVG のサブスクリプションや製品を簡単に管理できます。AVG アンチウイルスまたは AVG インターネット セキュリティを AVG アカウントに接続するには:

  1. アプリケーション画面の右上隅にある [ログイン] をクリックします。
  2. すでに AVG アカウントをお持ちの場合は、[既存のアカウントにログイン] をクリックします。または [アカウントを作成] をクリックして、新しい AVG アカウントを作成します。
  3. AVG アカウントの認証情報を入力し、[ログイン] をクリックします。

AVG アカウントで AVG に接続すると、[接続済み] というテキストがアプリケーション画面の右上隅に表示されます。

  • AVG アンチウイルス 19.x Mac 版
  • AVG インターネット セキュリティ 19.x Mac 版
  • Apple macOS 11.x(Big Sur)
  • Apple macOS 10.15.x(Catalina)
  • Apple macOS 10.14.x(Mojave)
  • Apple macOS 10.13.x(High Sierra)
  • Apple macOS 10.12.x(Sierra)
  • Apple Mac OS X 10.11.x(El Capitan)
  • Apple Mac OS X 10.10.x(Yosemite)

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ