個人向け製品のサポート

AVG アンチウイルスで PC のウイルスをスキャンする

AVG インターネット セキュリティAVG 無料アンチウイルスは、さまざまなスキャンを実行して PC をウイルスやマルウェアから保護します。この記事には、さまざまなスキャンの種類に関する詳細情報が含まれています。

スキャンの概要

AVG インターネット セキュリティAVG 無料アンチウイルスに含まれるスキャンの種類は、次のとおりです。

  • スマートスキャン:PC にウイルス、マルウェア、不正なブラウザー アドオンなどの問題がないかチェックする包括的なスキャン機能です。
  • ディープ スキャン:ストレージ ドライブやメモリにマルウェア(ルートキットを含む)がないかを確認する、定義済みの詳細なシステム スキャン。
  • ファイルまたはフォルダのスキャン:スキャンを開始するときに選択したフォルダーをスキャンします。ファイル エクスプローラーまたは Windows デスクトップでフォルダーを右クリックして、[選択した項目をスキャンする] を選択して、特定のフォルダーをスキャンすることもできます。
  • ブートタイム スキャン:次回のシステム起動時に、マルウェアが起動する前に PC をスキャンします。起動中にブートタイム スキャンを実行することで、マルウェアが PC を攻撃する前にマルウェアを検出および削除する可能性を高めます。
  • USB / DVD スキャン:USB フラッシュ ドライブや外付けハード ディスクなど、現在 PC に接続しているすべてのリムーバブル メディアをスキャンします。
  • パフォーマンススキャン:PC の動作速度とセキュリティに影響する可能性がある不要なデータやその他の問題がないか、システムをスキャンします。検出された問題を解決するには、まず AVG TuneUp をインストールする必要があります。AVG チューンナップをすでにインストールしている場合は、このオプションをクリックして、AVG TuneUp ダッシュボードを読み込みます。

スキャンを実行する

AVG ユーザー インターフェイスを開き、[スマート スキャンを実行] をクリックすると、アプリケーションのメイン画面から スマートスキャンを実行できます。代わりに専用スキャンを実行するには:

  1. [スマート スキャンを実行] の横にある [] アイコン(ドット 3 つ)をクリックします。
  2. 表示されるリストから専用スキャンを選択します。

スキャンにかかる時間は、スキャンの種類や分析するデータの分量によって異なります。スキャンをキャンセルするには、[検査を停止する] をクリックします。

ブートタイム スキャンを実行する手順の詳細については、次の記事を参照してください。

カスタム スキャンを作成する

自分の仕様に合わせて実行されるカスタム スキャンを作成するには:

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、[スマート スキャンを実行] の横にある [...] アイコン(3 つのドット)をクリックします。
  2. [スケジュールされたスキャン] を選択します。
  3. [新しいスキャンを作成する] をクリックします。
  4. スキャン名を入力します。これにより、スキャンを簡単に特定できるようになります。次に、ドロップダウン メニューを使用してスキャンの種類を定義します。
  5. [頻度] で、スキャンが自動実行される頻度を選択します。スキャンを自動実行せずに手動でトリガーするには、[しない] を選択します。
  6. スキャンが自動的に実行されるよう設定した場合は、開始時間を入力して、スキャンが実行されるタイミングを正確に指定できます。スキャンの頻度によっては、スキャンが実行される曜日月の中の日付けを追加で指定する必要があります。
  7. 必要に応じて、スキャンの追加設定を構成します。AVG のスキャン設定の詳細については、この記事の次のセクションを参照してください。
詳細設定は、ほとんどのユーザーに合うようにデフォルトで事前設定されています。
  1. [保存] をクリックして、[スケジュールされたスキャン] 画面に戻ります。

新しいカスタム スキャンが、[スケジュール済みのスキャン] のリストに表示されます。リストに含まれているすべてのスキャンで次の機能を利用できます。

  • スキャンの設定を調整する:該当するパネルにカーソルを重ね、表示される アイコン(ドット 3 つ)をクリックします。[設定] を選択します。
  • スキャンを削除する:該当するパネルにカーソルを重ね、表示される アイコン(ドット 3 つ)をクリックします。[削除] を選択します。
  • スキャンを実行する:実行するスキャンの横にある [今すぐスキャン] をクリックします。

スキャンの設定を調整する

すべての AVG スキャンで設定をカスタマイズできますが、設定を変更するのは [カスタム] スキャンに限定することをお勧めします。スキャン設定を行うには:

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. 左側のパネルで [基本的な保護] ▸ [スキャン] の順に選択します。
  3. 選択したスキャンのタブを選択します。
  4. 以下のスキャン設定を自分のニーズに合わせて調整します。
以下の設定には、一部のスキャンで使用できないものがあります。
  • 感度:感度が高いほど、保護のレベルとマルウェアの誤検出の可能性が高くなります。感度を低くすると、誤検出の可能性は減少しますが、スキャンの精度も減少する可能性があります。
  • 不必要な可能性のあるプログラム (PUP) をスキャン:別のプログラムと同時に密かにダウンロードされ、通常は不要なアクティビティを実行するプログラムをスキャンします。
  • スキャンする時にリンクをたどる:スキャン中のファイルが使用する他のファイルの潜在的に有害なコンテンツをスキャンします。
  • ファイル全体をテストする:悪意あるコードの影響を受けやすい部分だけでなく、ファイル全体をスキャンします。
  • スキャンの優先順位:優先度を高くすると、そのスキャンで使用されるシステム リソースが増えますが、他のアプリケーションを実行しているときにスキャンにかかる時間が短くなります。
  • スキャン領域:お使いの PC でスキャンする領域を定義します。
    • 全てのハードディスク:PC のハード ドライブをすべてスキャンします。
    • システム ドライブ:ハード ドライブに保存されているデータだけをスキャンします。
    • 全てのリムーバブルメディア:USB またはその他のリムーバル デバイスを PC に挿入したときに自動的に起動されるアプリケーションをスキャンします。速度の制限により、リムーバブル メディアのスキャンには時間がかかる場合があります。
    • ルートキット:システムに潜んでいる脅威をスキャンします。
    • UEFI ブート:ルートキットやランサムウェアなど、オペレーティング システムの起動前に起動する可能性がある脅威をスキャンします。
    • CD-ROM および DVD ドライブ:CD ドライブと DVD ドライブの悪意のあるコンテンツをスキャンします。
    • メモリに読込んだモジュール:システム起動後やバックグラウンドで実行されるアプリケーションとプロセスをスキャンします。
  • パッカーおよびアーカイブ:PC でスキャンするアーカイブ ファイルの種類を定義します。
    • 一般的なインストーラーのみをスキャン:.zip や .rar など、一般的に使用されるファイル タイプ、その他の実行可能なアーカイブまたはインストーラー アーカイブスキャンします。
    • すべてのアーカイブをスキャン:すべてのアーカイブ ファイルを分析します。これによりスキャンにかかる時間が大幅に長くなります。
    • アーカイブをスキャンしないでください:アーカイブ ファイルを無視します。
  • ファイルの種類:PC でスキャンするファイルの種類を定義します。
    • コンテンツに基づいた種類(低速):通常最もマルウェア攻撃に脆弱なファイルをスキャンします。
    • 名前の拡張子に基づいた種類(高速):.exe、.com、.bat などのリスクの高い拡張子のファイルのみをスキャンします。
    • 全ファイルをスキャン(非常に低速):PC 上のすべてのファイルでマルウェアをスキャンします。
  • このスキャン時に自動アクションを実行:スキャンによって脅威が検出されるたびに、AVG がアクションを自動的に実行できるようにします。これを行わない場合は、脅威ごとにアクションを手動で選択するよう求められます。目的の自動アクションを指定します。
    • 自動的に処理する(推奨):AVG は、ファイルの修復を試みます。アクションに成功しなかった場合はファイルを [検疫] に移動します。いずれのアクションも成功しなかった場合はファイルを削除します。
    • ファイルを検疫に移動:AVG は、検出したファイルを [検疫] に送信します。これによりシステムが侵害されることはありません。
    • ファイルを削除:AVG は、PC からファイルを完全に削除します。
  • スキャン終了後にコンピューターをシャットダウン:スキャン完了後に AVG が PC の電源をオフにできるようにします。
  • ログファイルを作成する:スキャン完了後に AVG が自動的にレポート ファイルを作成して保存できるようにします。
  • 例外を表示:すべての AVG スキャンおよびシールドの対象から除外するファイル、フォルダー、URL を追加します。詳細については、次の記事を参照してください。

スキャン履歴を表示する

完了したスキャンの完全なリストを表示するには:

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、[スマート スキャンを実行] の横にある [...] アイコン(3 つのドット)をクリックします。
  2. [スキャン履歴] を選択します。
  3. リスト内のスキャンに関する追加情報を表示するには、目的のパネルにカーソルを合わせ、表示される下矢印をクリックします。
  • AVG インターネット セキュリティ 22.x
  • AVG 無料アンチウイルス 22.x
  • Microsoft Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1 with Convenient Rollup Update、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ