個人向け製品のサポート

ネットワークインスペクター - よくある質問

一般

ネットワークインスペクターはどのようにネットワークを保護しますか?

ネットワーク インスペクター(以前の Wi-Fi の検査)は機密性の高い個人情報を露出させたり、ネットワークの機器を攻撃に対して脆弱な状態にする可能性のある現在のネットワークの脆弱性やセキュリティの問題をスキャンします。さらに、ネットワークインスペクターは、現在ホーム ネットワークに接続されているデバイスを表示するため、誰かが勝手にネットワークを使用していないかを確認することができます。

ネットワークインスペクターのスキャンを実行するたびに、ホーム または 公共 のいずれかを選択するよう促されます。ネットワークインスペクターはネットワークの種類によって異なる問題をスキャンし、異なる解決策を提供するため、正しいオプションを選択することが重要です。

詳細については、この記事の次のセクションをご参照ください。
ネットワークインスペクターを使用して初めてネットワークをスキャンすると、ホーム または 公共 かを選択するよう促されます。ネットワークインスペクターは接続されているネットワークの種類によって異なる問題をスキャンし、異なる解決策を提供するため、正しいオプションを選択することが重要です。

詳細については、この記事の次のセクションをご参照ください。

ネットワークインスペクターの最も一般的な検出のリストと、これらの問題を解決する方法を説明する記事へのリンクについては、この記事の次のセクションをご参照ください。

ネットワークインスペクターはどのような問題や脆弱性を検出しますか?

以下は、ホーム ネットワークのスキャン時にネットワークインスペクターが検出する可能性のある、最も一般的な問題のリストです。以下のリンクをクリックして、脆弱性の詳細と、解決方法として利用可能なオプションをご覧ください。

ネットワークインスペクターは無線と有線ネットワークの両方をスキャンしますか?

はい。ネットワークインスペクターは無線(Wi-Fi)および有線ネットワークの両方をスキャンするように設計されています。

どのようにして自宅の Wi-Fi ネットワークを安全に保つことができますか?

以下のヒントをご参照ください。

  • デフォルトで、ネットワークインスペクターはホーム ネットワークの自動スキャンを定期的に実行し、脆弱性やセキュリティの問題を確認します。自動スキャンを有効にしておくか、定期的に手動スキャンを実行することをおすすめします。
  • ネットワークで定期的に ネットワークインスペクターのスキャンを実行して、脆弱性やセキュリティの問題がないかを確認します。
  • 強力なパスワードでホーム Wi-Fi ネットワークを保護します。次のガイドラインに従うことをおすすめします。
    • パスワードは少なくとも 10 文字、理想的には 12 文字以上であるべきです。文字数が多いほど、パスワードはより安全になります。
    • パスワードは他のアカウントやサービスへのアクセスに使用するべきではありません。
    • 特に安全性の高いパスワードは、1 つの語より句で構成されたパスワードです。容易に予測できない句の中から、自分にとって覚えておきやすい句を選択します。
  • ネットワークインスペクターを設定して、新しいデバイスがネットワークに接続されるたびに通知を送信します。これにより、潜在的な侵入者を常に把握することができます。手順については、次の記事をご参照ください。
  • ネットワークインスペクターを設定して、ホーム ネットワークを監視し、新しいデバイスがネットワークに接続するたびに通知されるようにします。手順については、次の記事をご参照ください。
  • ネットワークが、ルーターのメーカー(LinksysNETGEAR など)を特定するデフォルトのネットワーク名(または SSID)を使用している場合は、名前を変更します。ルーターのメーカーを特定することにより、攻撃者はネットワークにアクセスし、悪用することが容易になります。

公共の Wi-Fi ネットワークに接続することは安全ですか?

空港やカフェなどの公共の Wi-Fi ネットワークを使用することは、次の理由により、一般的にプライベートな Wi-Fi ネットワーク(自宅のネットワークなど)を使用するよりも安全ではありません。

  • 公共の Wi-Fi ネットワークで送受信するデータは、通常、強力な暗号化方式で暗号化されていませんインターネット トラフィックが適切に暗号化されていない場合、ネットワークに接続している誰からも見られることがあります。
  • 攻撃者は、本物に見える偽の公共の Wi-Fi ネットワークを設定することができます。偽のネットワークに接続した場合、攻撃者はネットワーク上で送受信されるあらゆるデータを傍受することができます。
  • 攻撃者は安全でない公共の Wi-Fi ネットワークを悪用して、Man-in-the-Middle(MitM)攻撃を始めることができます。MitM 攻撃の被害者になった場合、お使いのデバイスは、攻撃者がコントロールする別のデバイスと通信するように仕向けられます。これにより、攻撃者はネットワーク上で送受信されるあらゆるデータを傍受することができます。

公共の Wi-Fi ネットワークでのプライバシーとセキュリティを保護するために、次をおすすめします。

設定と使用状況

どのようにしてネットワークインスペクターのスキャンを実行しますか?

ネットワークインスペクターのスキャンを実行し、検出された脆弱性を管理する方法の詳細については、次の記事をご参照ください。

ホームとパブリックのどちらを選択するべきですか?

ネットワークインスペクターのスキャンを実行するたびに、現在接続しているネットワークが ホーム または 公共 かを選択するよう促されます。ネットワークインスペクターはネットワークの種類によって異なる問題をスキャンし、異なる解決策を提供するため、正しいオプションを選択することが重要です。

ネットワークインスペクターを使用して初めてネットワークをスキャンすると、ネットワークが ホーム または 公共 かを選択するよう促されます。ネットワークインスペクターはネットワークの種類によって異なる問題をスキャンし、異なる解決策を提供するため、正しいオプションを選択することが重要です。

  • ホーム:所有しているプライベート ネットワーク(ホーム ネットワークなど)をスキャンします。
  • 公共:所有していないネットワークをスキャンします。これは公共の Wi-Fi ネットワーク、または別のネットワーク管理者によって管理されている職場や学校のネットワークである可能性があります。

ネットワークインスペクターが自動的にスキャンを実行するように設定できますか?

デフォルトでは、ネットワークインスペクターは、新しいネットワークに接続すると自動的にスキャンを実行します。また、ネットワークインスペクターはホーム ネットワークの定期的な自動スキャンを実行します。

これらの設定を、次の手順で確認または調整することができます。

  1. AVG アンチウイルスを開き、アプリケーションのメイン画面の[コンピューター]タイルをクリックします。
  2. 右上隅にある[設定](歯車アイコン)をクリックします。
  3. 左側のパネルで[基本的な保護] ▸ [ネットワーク インスペクター]の順に選択します。
  4. 任意の選択項目に応じて、以下のオプションをオンまたはオフにします。
    • 新しいネットワークを自動スキャン
    • ホーム ネットワークを自動再スキャン

ネットワークインスペクターが設定に従って、自動スキャンを実行するようになりました。

ホーム ネットワークに新しいデバイスが接続されたときに、ネットワークインスペクターが確実に警告するようにするにはどうすればよいですか?

新しいデバイスがホーム ネットワークに接続されるたびに、ネットワークインスペクターが通知を送信するように設定することにより、ネットワークを悪用する潜在的な侵入者を常に把握することができます。

ネットワークインスペクターがホーム ネットワークを監視するように設定することができます。これは新しいデバイスがネットワークに接続されるたびに通知を受け、ネットワークを悪用する潜在的な侵入者を常に把握することができることを意味します。

手順の詳細については、次の記事をご参照ください。

ネットワークインスペクターは無料の機能ですか?

はい。ネットワークインスペクターは AVG インターネット セキュリティAVG 無料アンチウイルス の両方で利用できる無料の機能です。

いいえ。ネットワークインスペクターは有料の AVG インターネット セキュリティ サブスクリプションでのみ利用可能な有料の機能です。

ネットワークインスペクターが VPN の使用を促すのはなぜですか?

プライベート ネットワーク(ホーム ネットワークなど)経由でインターネットに接続する場合、ネットワークで送受信されるデータは、通常、強力な暗号化方式で保護されています。他人から読まれないよう、暗号化はデータにスクランブルをかけて機能します。しかし、空港やカフェなど公共の Wi-Fi ネットワークを利用する場合、多くの場合、データが適切に暗号化されません。このため、攻撃者は公共の Wi-Fi ネットワークを利用して、ログイン情報、支払いカードの詳細などの機密個人情報を傍受します。

公共の Wi-Fi ネットワークに接続している間、スキャン中に特定の問題が検出されたかどうかにかかわらず、ネットワークインスペクターは常に仮想プライベート ネットワーク(VPN)を使用するようアドバイスします。これは、VPN を使用すると、データが適切に暗号化され、安全でないネットワークでも、オンライン活動のプライバシーが保たれるためです。PC に VPN がインストールされていない場合、ネットワークインスペクターは AVG セキュア VPN のサブスクリプションを購入するためのオファーを表示することがあります。

公共の Wi-Fi ネットワークに接続している間、スキャン中に特定の問題が検出されたかどうかにかかわらず、Wi-Fi の検査は常に仮想プライベート ネットワーク(VPN)を使用するよう促します。これは、VPN を使用すると、データが適切に暗号化され、安全でないネットワークでも、オンライン活動のプライバシーが保たれるためです。Mac に VPN がインストールされていない場合、Wi-Fi の検査は AVG セキュア VPN のサブスクリプションを購入するためのオファーを表示することがあります。

  • AVG インターネット セキュリティ 22.x Windows 版
  • AVG 無料アンチウイルス 22.x Windows 版

  • AVG インターネット セキュリティ 20.x Mac 版
  • Microsoft Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1 with Convenient Rollup Update、32 / 64 ビット

  • Apple macOS 12.x(Monterey)
  • Apple macOS 11.x(Big Sur)
  • Apple macOS 10.15.x(Catalina)
  • Apple macOS 10.14.x(Mojave)
  • Apple macOS 10.13.x(High Sierra)
  • Apple macOS 10.12.x(Sierra)
  • Apple Mac OS X 10.11.x(El Capitan)

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ