個人向け製品のサポート

AVG 製品における問題のトラブルシューティングを目的とする DNS 設定の変更

ご利用のインターネット サービス プロバイダーの DNS サーバーに問題が発生している場合、特定の AVG 製品の機能が損なわれるおそれがあります。次のような問題が発生する場合があります。

  • AVG のインストールまたはアップデートが繰り返し失敗する。
  • AVG が有効なアクティベーション コードを受け付けないため、支払い済みのサブスクリプションをアクティベートできない。
  • AVG セキュア VPN がインターネット接続を確立できない、または AVG セキュア VPN への接続中にインターネットを閲覧できない。

これらの問題のトラブルシューティングを行うため、AVG サポートは、ご利用のインターネット接続の設定を変更して、CiscoGoogleCloudflareQuad9 など、別のプロバイダーの DNS サーバーを使用するよう要求する場合があります。

DNS 設定の変更

Windows デバイスで DNS の設定を変更するには、Windows のバージョンに応じて、以下のタブを選択します。

  1. 管理者権限のあるユーザーとして Windows にサイン インします。
    管理者権限のあるユーザー アカウントについては、以下の記事をご参照ください。
  2. Windows の[ スタート]アイコンを右クリックし、[設定]を選択します。
  3. 左側のパネルから、[ネットワークとインターネット]を選択した後、[ネットワークの詳細設定]をクリックします。
  4. 関連設定で、[その他のネットワーク アダプタ オプション]をクリックします。
  5. Windows の[ スタート]アイコンをクリックして、[ 設定](歯車アイコン)を選択します。
  6. Windows の設定]画面で、[ネットワークとインターネット]をクリックします。
  7. ネットワーク設定の変更]の下にある[アダプターのオプションを変更する]をクリックします。
  8. キーボードで、Windows ロゴ キーと X キーを同時に押します。
  9. 表示されるメニューから[コントロール パネル]を選択します。
  10. 表示に応じて、以下のオプション A または B に従います。
    1. デフォルトのカテゴリ表示ネットワークとインターネットで、[ネットワークの状態とタスクを表示]をクリックします。
    2. 大きい/小さいアイコン表示:[ネットワークと共有センター]をクリックします。
  11. ネットワークと共有センター ウィンドウの左側にあるパネルから[アダプターの設定の変更]を選択します。
  12. Windows の [ スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] を選択します。
  13. 表示に応じて、以下のオプション A または B に従います。
    1. デフォルトのカテゴリ表示ネットワークとインターネットで、[ネットワークの状態とタスクを表示]をクリックします。
    2. 大きい/小さいアイコン表示:[ネットワークと共有センター]をクリックします。
  14. ネットワークと共有センター ウィンドウの左側にあるパネルから[アダプターの設定の変更]を選択します。
  15. 現在の接続タイプに基づいて、ネットワーク接続 リストの中で該当する[イーサネット]または[Wi-Fi]アダプターを右クリックして、コンテキスト メニューで[プロパティ]を選択します。
  16. 現在の接続タイプに基づいて、[ネットワーク接続] リスト内の [ローカル エリア接続] または [ワイヤレス ネットワーク接続] を右クリックして、コンテキスト メニューで [プロパティ] を選択します。
  17. [ユーザー アカウント制御] ダイアログで許可を求められたら、[はい] をクリックします。
  18. インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)]をリストから選択して、[プロパティ]をクリックします。
  19. 次の DNS サーバーのアドレスを使う]を選択し、以下の表にあるパブリック DNS プロバイダーのいずれかを選択して、両方の IP アドレス(優先と代替)を各ボックスに入力します。[OK]をクリックして確定します。
    DNS プロバイダー優先 DNS サーバーのアドレス代替 DNS サーバーのアドレス
    Cisco OpenDNS208.67.222.222208.67.220.220
    Google Public DNS8.8.8.88.8.4.4
    Cloudflare 1.1.1.1.1.1.1.11.0.0.1
    Quad99.9.9.9149.112.112.112
    上部にある[IP アドレス]、[サブネット マスク]、[デフォルト ゲートウェイ]に関するセクションは変更しないでください。
  20. Windows ネットワーク診断 ウィンドウが表示されたら、[キャンセル][閉じる]をクリックして終了します。
  21. キーボードで、Windows ロゴ キーとR キーを同時に押して、Windows サービス コンソールを実行します。
  22. オープン欄に「cmd」と入力して、[OK]をクリックします。
  23. 表示されるコマンド プロンプト ウィンドウで、ipconfig /flushdns と入力してキーボードの Enter を押します。
  1. Mac に管理者権限のあるユーザーでサインインします。
  2. メニュー バーで、[Apple アイコン] ▸ [システム環境設定...]の順にクリックし、[ネットワーク]を選択します。
  3. 現在の接続タイプに応じて、左メニューから該当するイーサネットまたは Wi-Fi 接続を選択し、[詳細設定...]をクリックします。
  4. DNS]タブを選択した後、[+](プラス)アイコンをクリックして、リストにサーバーを追加します。
  5. 以下の表からパブリック DNS プロバイダーを選び、DNS サーバー欄に DNS サーバーのアドレスを入力します。[OK]をクリックして確定します。
    DNS プロバイダーDNS サーバー アドレス
    Cisco OpenDNS208.67.222.222
    Google Public DNS8.8.8.8
    Cloudflare 1.1.1.1.1.1.1.1
    Quad99.9.9.9
これらの手順は、お使いのデバイス モデル、Android のバージョン、販売元のカスタマイズに応じて若干異なる場合があります。
  1. デバイスの[設定]を開いて、[接続] ▸ [Wi-Fi]の順に選択します。
  2. 現在接続している Wi-Fi ネットワークをリストから選択します。
  3. さらに表示] ▸ [IP 設定]の順にタップし、[静的]を選択して、DNS 設定を開きます。
  4. DNS 1DNS 2 の下にある既存の DNS サーバーをすべて削除した後、以下の表からパブリック DNS プロバイダーを 1 つ選び、DNS サーバーのアドレスDNS 1 欄に入力します。[保存]をタップして確定します。
    DNS プロバイダーDNS サーバー アドレス
    Cisco OpenDNS208.67.222.222
    Google Public DNS8.8.8.8
    Cloudflare 1.1.1.1.1.1.1.1
    Quad99.9.9.9
  1. デバイスの [設定] を開いて [Wi-Fi] を選択します。
  2. 現在接続している Wi-Fi ネットワークをリストから選択します。
  3. DNS を設定]をタップして DNS 設定を開きます。
  4. 手動]を選択し、既存の DNS サーバーの横にある赤い円のアイコンをタップして削除します。
  5. 以下の表からパブリック DNS プロバイダーを選んだ後、[サーバーを追加]をタップし、DNS サーバー欄に DNS サーバーのアドレスを入力します。[保存]をタップして確定します。
    DNS プロバイダーDNS サーバー アドレス
    Cisco OpenDNS208.67.222.222
    Google Public DNS8.8.8.8
    Cloudflare 1.1.1.1.1.1.1.1
    Quad99.9.9.9

これで DNS 設定が変更されました。

  • すべての AVG コンシューマー ソフトウェア製品
  • サポートされるすべてのプラットフォーム

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ