個人向け製品のサポート

日本語

X

言語を選択してください:

AVG アンチウイルス保護の一時的な無効化

AVG インターネット セキュリティAVG 無料アンチウイルス には、ネットワーク上でユーザーとその個人的なデータを安全に保つために考えられたさまざまなコンポーネントが含まれています。この記事では、すべての AVG プロテクション、または個々の AVG コンポーネントを一時的に無効にする手順を説明します。

AVG プロテクションを無効にすると、攻撃に対して脆弱な状態になります。トラブルシューティングの目的で AVG サポートから要請があった場合にのみ、この記事に記載されている手順を実行してください。

すべての AVG プロテクションを無効にする

  1. Windows タスク バーの AVG システム トレイ アイコンを右クリックし、表示されるメニューで [保護Sはオンです。] の横にある緑のスライダーをクリックします。
  2. [はい、停止します] をクリックして、すべての AVG プロテクションを無効にすることを確認します。

スライダーが赤(オフ)に変わると、すべての AVG コンポーネントは無効になります。AVG プロテクションは、次回 PC が起動されるときに自動的に再度有効になります。

個々の AVG コンポーネントを無効にする

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、無効にする必要があるコンポーネントに応じた関連タイルをクリックします。
    • ファイル シールド または 挙動監視シールド を無効にするには [コンピューター] タイルをクリックします。
    • ウェブ シールド または メール シールド を無効にするには [ウェブ&メール] タイルをクリックします。
    • 強化されたファイアウォールランサムウェアからの保護, または パスワード保護 を無効にするには、[ハッカーの攻撃] タイルをクリックします。
    • ウェブカメラ プロテクション または 機密データ シールド を無効にするには [プライバシー] タイルをクリックします。
    • アンチスパム または 偽ウェブサイト シールド を無効にするには [支払] タイルをクリックします。
特定のタイルは有料のサブスクリプションをご利用いただいている場合にのみ利用可能です。
  1. 該当するコンポーネントの緑(オン)のスライダーをクリックします。
  2. コンポーネントが自動的に再び有効になる経過時間を選択します。
  3. [はい、停止します] をクリックして処理を確定します。

コンポーネントが無効になると、その下にあるスライダーは赤(オフ)に変わります。コンポーネントは、ユーザーが選択した期間が経過すると自動的に再度有効になります。上記の手順 1 を実行し、赤(オフ)スライダーをクリックして、スライダーを即座に緑(オン)に変更することで、いつでも手動でコンポーネントを再度有効にできます。

個々の AVG コンポーネントに含まれる機能の詳細については、次の記事を参照してください。

  • AVG インターネット セキュリティ 20.x
  • AVG 無料アンチウイルス 20.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ