個人向け製品のサポート

日本語

X

言語を選択してください:

ウイルス定義と AVG アンチウイルス アプリケーション バージョンのアップデート

AVG インターネット セキュリティおよび AVG 無料アンチウイルスは共に既知のウイルス定義のデータベースを使用して、PC 上のマルウェアやその他の脅威を特定します。そのため、ウイルス定義ファイルを定期的にアップデートすることは重要です。アプリケーション バージョンとは、AVG アンチウイルス アプリケーションのユーザー インターフェースとすべてのコンポーネントを指します。アプリケーションをアップデートすると、バグが修正され、全般的な改善効果があります。

デフォルトでは、AVG インターネット セキュリティと AVG 無料アンチウイルスは新しいバージョンが利用可能になると、ウイルス定義とアプリケーションを自動的にアップデートするように設定されています。自動アップデートを常に有効にしておくことを強くおすすめします。

手動でウイルス定義をアップデートする

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、メイン画面の右下にある [ウイルス定義] の横にある [更新] アイコンをクリックします。
  2. AVG がウイルス定義のアップデートを確認するのを待ちます。
  3. アップデートが完了すると、メッセージ [ウイルス定義は最新です] が表示されます。
  4. アップデートを完了させるために、PC の再起動が必要になる場合があります。プロンプトが表示されたら [今すぐ再起動する] をクリックして直ちに再起動します。

手動でアプリケーション バージョンをアップデートする

アプリケーション バージョンのアップデートにはエンジンとウイルス定義のアップデートも含まれます。
  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. 左側のパネルで [一般] が選択されていることを確認し、[アップデート] をクリックします。
  3. [アプリケーション] セクションで、[アップデートを確認] をクリックします。
  4. AVG がアプリケーションのアップデートを確認するのを待ちます。
  5. アップデートが完了すると、メッセージ [アプリケーションは最新です] が表示されます。
  6. アップデートを完了させるために、PC の再起動が必要になる場合があります。プロンプトが表示されたら [今すぐ再起動する] をクリックして直ちに再起動します。

ウイルス定義の自動アップデートを管理する

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. 左側のパネルで [一般] が選択されていることを確認し、[アップデート] をクリックします。
  3. [ウイルス定義] セクションで [オプション詳細] をクリックし、希望のオプションを選択します。
    • 自動更新(既定では有効になっています):アップデートは定期的に自動的にダウンロードされ、インストールされます。アップデートを完了させるために、PC の再起動を求められる場合があります。
    • 更新が可能な時に尋ねる:アップデートがあれば通知されます。アップデートをインストールするには、ユーザーの確認が必要です。
    • 手動更新(非推奨):アップデートは自動的にインストールされず、新しいアップデートが利用可能になったときも通知されません
    • ストリーミングのアップデートを有効にする(既定では有効になっています):AVG は、新しいマルウェアが発見されるたびに継続的にマイクロアップデートをダウンロードします。

アプリケーションの自動アップデートを管理する

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. 左側のパネルで [一般] が選択されていることを確認し、[アップデート] をクリックします。
  3. アプリケーション セクションで [オプション詳細] をクリックし、希望のオプションを選択します。
    • 自動更新(既定では有効になっています):アップデートは定期的にダウンロードしてインストールされます。アップデートを完了させるために、PC の再起動を求められる場合があります。
    • アップデートがダウンロードされたら通知する:アップデートがあれば通知されます。アップデートをインストールするには、ユーザーの確認が必要です。
    • 更新が可能な時に尋ねる:アップデートがあれば通知されます(ダウンロード前に)。アップデートを受信するには、ダウンロードとインストールのプロセスを手動で開始する必要があります。アップデートを完了させるために、さらに PC の再起動を求められる場合があります。
    • 手動更新(非推奨):アップデートは自動的にインストールされず、新しいアップデートが利用可能になったときも通知されません

プロキシ設定を構成する

[プロキシの設定] セクションは、プロキシ サーバーを経由してインターネットに接続するユーザーを対象にしています。このセクションでは、プロキシ設定を調整して、ウイルス定義とアプリケーション アップデートのダウンロードでの問題を回避できます。

インターネットに直接接続する場合は、[特定のプロキシ サーバーを使用する] オプションはデフォルトで無効になっているため、このセクションは無視できます。

アプリケーション アップデート用にプロキシ設定を構成するには、次の手順を実行します。

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、 [メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. 左側のパネルで [一般] が選択されていることを確認し、[アップデート] をクリックします。
  3. アプリケーション セクションで、[オプション詳細] をクリックしてから [アプリケーションの更新にプロキシ サーバーを使用しますか?] セクションまで下にスクロールします。
  4. [特定のプロキシ サーバーを使用する] の横にあるボックスにチェック マークを入れ、該当するテキスト ボックスにプロキシの詳細情報を入力します。
    • 種類:HTTP または SOCKS4 を選択します。
    • アドレス:お使いのプロキシ サーバーのアドレスを入力します。
    • 認証タイプ:プロキシ サーバーが認証情報を必要とする場合には、タイプを指定してユーザー名とパスワードを入力します。
プロキシの詳細がわからない場合は、ネットワーク管理者または ISP(インターネット サービス プロバイダー)にお問い合わせください。
  • AVG インターネット セキュリティ 20.x
  • AVG 無料アンチウイルス 20.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ