個人向け製品のサポート

日本語

X

言語を選択してください:

AVG アンチウイルスのスキャンからの、特定のファイルまたはウェブサイトの除外

通常はおすすめしませんが、スキャンを高速化したり誤検出を避けたりするために、特定のファイルまたはウェブサイトをスキャンから除外する必要が生じる場合があります。

除外するファイルやウェブサイトが感染していないことが分かっている場合にのみ、例外の設定を行ってください。ファイルの安全性がはっきりしない場合は、そのファイルを Virus Total でスキャンするか、そのファイルを [隔離] に追加して AVG 脅威研究所に送信できます。検疫の詳細については、以下の記事を参照してください。

AVG インターネット セキュリティまたは AVG 無料アンチウイルスで例外を管理する方法については、次のセクションを参照してください。

例外を追加する

グローバルの例外を設定すると、個々のファイル、フォルダー、ウェブサイト、またはコマンド プロンプト ラインがすべてのスキャンとシールドから一度に除外されます。

すべてのスキャンおよびシールドに対する例外を定義するには、次の手順を実行します。

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、[メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. 左側のパネルで [一般] が選択されていることを確認し、[例外] ▸ [例外を追加] の順にクリックします。
  3. 次の方法のいずれか 1 つを使用して例外を追加します。
    • ファイル パス、フォルダー パス、URL、またはコマンド プロンプト ラインをテキスト ボックスに入力して、[例外を追加] をクリックします。
    • [参照] をクリックし、例外リストに追加するファイルまたはフォルダーの横にあるボックスにチェック マークを入れ、[OK] をクリックします。

選択されたファイル、フォルダー、URL、またはコマンド プロンプト ラインが例外リストに追加されます。

例外リストを管理する

AVG のスキャンおよびシールドから除外するファイル、フォルダー、ウェブサイト、またはコマンド プロンプト ラインを指定した後、リストから個別にアイテムを表示および削除できます。

  1. AVG ユーザー インターフェースを開き、[メニュー] ▸ [設定] の順に移動します。
  2. [一般] タブが選択されたことを確認し、[例外] をクリックします。
  3. [ファイル/フォルダー]、[ウェブサイト]、[コマンド ライン] の横にあるボックスにチェック マークが入っていることを確認し、リストに含まれるすべての例外を表示します。例外リストはこれらのフィルターの下に表示されます。

例外リストからアイテムを削除するには、該当するパネルにカーソルを重ねて、ゴミ箱アイコンをクリックします。リストは自動的にアップデートされます。

  • AVG インターネット セキュリティ 20.x
  • AVG 無料アンチウイルス 20.x
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8.1 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 8 / Pro / Enterprise - 32 / 64 ビット
  • Microsoft Windows 7 Home Basic / Home Premium / Professional / Enterprise / Ultimate - Service Pack 1、32 / 64 ビット

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ