個人向け製品のサポート

AVG アンチウイルス Android 版に関してよくある質問

一般

AVG アンチウイルス Android 版とはどのようなものですか?

AVG AntiVirus for Androidは、迷惑なフィッシング、マルウェア、スパイウェアの他、トロイの木馬をはじめとする悪意のあるウイルスに対抗し、モバイル デバイスのセキュリティを確保するセキュリティ アプリです。さらに、搭載された盗難対策機能は、GPS やその他の三角測量法を使った弊社のウェブベースのモバイル追跡により、紛失または盗難にあったデバイスの位置を地図上で特定し、追跡します。

AVG アンチウイルスが Android デバイスを保護する仕組みは?

AVG アンチウイルスでは、既知のマルウェアや脅威から Android デバイスを保護でき、デバイスの送受信するデータをユーザー設定どおりに監視できます。考えられ得る限りすべての脅威からお客様のデバイスを保護できるよう、アバストは全力を尽くしています。しかしどのようなソリューションであっても、脅威を 100% 阻止するのは不可能です。

Android 市場のすべての製品と同様に、デバイスで動作しているオペレーティング システムのバージョンによって必然的に一定の制限を受けることになります。OS カーネルの特定の脆弱性やネットワーク スタック、その他システムの根幹部分を狙ったエクスプロイトからは、デバイスを保護できません。とはいえ、アバストはセキュリティ業界でアバストが担う役割を重く捉え、今後も Android ベンダー各社と連携しつつ、より良いソリューションを開発し、攻撃のリスクを最小限に抑えるよう努めていきます。

AVG アンチウイルス Android 版と AVG アンチウイルスのデスクトップ コンピューター版は、何が違いますか?

AVG アンチウイルス Android 版のスキャン機能とシールドには、アンチウイルス PC 版ソフトウェアとは異なる定義が採用されています。アプリはモバイル デバイスで動作するようカスタマイズされており、さらにモバイル プラットフォームを攻撃するマルウェアに特化した定義が施されています。このため、モバイル デバイスとは無関係のマルウェアのデータを多量に含む、AVG の PC 向けアンチウイルス エンジンによって、デバイスに過剰な負荷をかけずに済みます。

Android 用 AVG アンチウイルスのバッテリー使用量はどのくらいですか?

Android 用 AVG アンチウイルスは、バッテリー寿命への影響が最小限になるよう設計されています。複数のデバイスでテストした結果によると、このアプリのサービスはいずれにおいても一般的に、バッテリー消費量 5% 未満(比較参考までにランチャーは約 15%、Gmail は約 8%)です。AVG アンチウイルスは CPU 使用率ピーク時(30~60 秒間)のバッテリー使用率が最大で 20% に達する可能性があります。

ダウンロードとインストール

AVG アンチウイルスのシステム要件は?

  • Google Android 5.0(Lollipop、API 21)以降。
  • インターネット接続(アプリのダウンロード、アクティベート、アップデート維持に必要)。

AVG アンチウイルスは Android 対応のスマートフォンとタブレットの両方に対応しています。このアプリはすべての ARM Android デバイスに対応しています。ただし、ベンダーまたはメーカー各社がデバイスを若干変更することがあるため、一部の機能が予想外の動作を示すことや、ごく稀なケースながら動作しないこともあります。AVG はベンダーによる OS カスタマイズのすべてには対応いたしかねますので、ご了承ください。お使いの Android デバイスで互換性の問題が発生した場合は、ぜひフィードバックをお寄せください。

カスタム ROM を使用している場合、アプリが想定どおり動作しないことがあります。この問題についてのフィードバックは AVG サポートに報告してください。

次の環境では、AVG アンチウイルスがサポートされていないため、AVG アンチウイルスのインストールや実行ができません。
  • Google Android 4.4(KitKat、API 19)以前を実行しているデバイス。ただしこれらの古いシステムでも、使っている AVG アンチウイルスのバージョンが比較的古い場合は、ウイルス データベースに加わった更新を受信できます。
  • SymbianiOSMicrosoft Windows Phone/MobileBadaWebOS など、Android 以外のモバイル オペレーティング システム。このアプリは iPhone および iPad デバイスでは機能しません。

Android に AVG アンチウイルスをダウンロードし、インストールする方法は?

  1. Android デバイスで下のボタンをタップして、Google Play ストアで AVG アンチウイルス Android 版製品ページを開きます。Google Play ストアに進む
  2. [インストール] をタップし、アプリをダウンロードしてインストールします。インストールが完了したら、[開く] をタップして AVG アンチウイルスを開きます。
  3. [始める] をタップします。
  4. 次のオプションのいずれかを選択します。
    • 無料版を使う:[基本バージョン] ▸ [無料版の利用を継続] の順にタップします。
    • 購入する:[今すぐアップグレード] をタップし、ご希望のプランを選択して、画面の手順に従って購入を完了します。
    • アクティベートする:AVG アンチウイルス サブスクリプションを購入済みの場合は [今すぐアップグレード] ▸ [](3 つのドット)▸ [ご購入済みですか?] の順にタップします。次に目的のオプションを選択して有料サブスクリプションをアクティベートします。アクティベーションの手順の詳細については、次の記事を参照してください。

以上で AVG アンチウイルスがインストールされて使用できる状態になりました。インストール手順の詳細については、次の記事を参照してください。

サブスクリプションとアクティベーション

AVG アンチウイルス プロ サブスクリプションのメリットは何ですか?

AVG アンチウイルス プロはこのアプリの有料版です。有料のプロ サブスクリプションでは、以下のプレミアム機能を利用できます。

  • 広告を非表示にする:AVG アンチウイルスでサード パーティの広告を無効にします。
  • アプリのロック:PIN 入力を義務づける形でアプリへのアクセスを保護できます。
  • 盗難対策:追加オプションを使用して、デバイスの紛失時や盗難時にデバイスを保護したり、デバイスの所在を突き止めたりできます。
    • カメラ トラップ:正しくない PIN を入力した泥棒の写真を撮影します。
    • 音声記録:スマートフォンの周辺の様子を随時密かに記録できます。
    • 最後に確認された場所:デバイスのバッテリーがなくなりそうなときに、所在地に関する通知を AVG アカウントに送信します。
    • PIN セキュリティ:ロック解除に 8 回失敗したら、デバイスをロックしてアラームを鳴らします。
  • 写真保管庫:無制限の数の写真を安全に保存できます。
  • AVG ダイレクト サポート:問い合わせへのサポートを優先的に受けられます。

他の有料の AVG アンチウイルス Android 版では、どのような機能を利用できますか?

AVG は AVG アンチウイルス プロ Android 版に加え、次の有料製品も提供しています。

AVG モバイル プロ プラスは、AVG クリーナー Android 版からのアップグレードとしてのみご利用いただけます。

AVG アンチウイルス有料版を購入する方法は?

  1. アプリのメイン画面の右上隅にある [アップグレード] をタップします。
  2. 目的の製品を選択し、[今すぐアップグレード] をタップしてください。
  3. 画面の指示に従って、トランザクションを完了します。

トランザクションが完了すると、購入に使用したデバイスで自動的にサブスクリプションがアクティベートされます。購入したサブスクリプションは、Google アカウントに接続され、AVG アンチウイルスがインストールされているすべてのデバイスで有効になります。

購入できる有料版はお住まいの地域と特定の規制制限によって異なります。状況に応じて、AVG の提供するサブスクリプション パッケージの一部またはすべてが表示されます。

AVG アンチウイルス プロのサブスクリプションは、他の有料版 AVG アプリにも有効ですか?

いいえ。AVG アンチウイルス プロをご購入いただいた場合、サブスクリプションは AVG アンチウイルス プロでのみ有効です。AVG モバイル プロ プラスと AVG モバイル アルティメットには、他の有料版 AVG Android アプリのサブスクリプションも含まれています。

現在使用しているサブスクリプションから別のサブスクリプションにアップグレードするとどうなりますか?

AVG アンチウイルスの有料版から別の有料版にアップグレードすると(AVG アンチウイルス プロから AVG モバイル アルティメットなど)、Google Play ストアで元のサブスクリプションの未使用分が自動計算されます。この未使用分サブスクリプションの価値を補償する意味で、アップグレード後の有料製品に期間限定で無料アクセスできます。このため、新しい有料サブスクリプションへのアクティベート後すぐには課金されません。無料アクセス期間の長さは、元のサブスクリプションの未使用分がどのくらいあるかで異なります。無料アクセス期間が終了すると、自動的に新しい有料サブスクリプションが開始され、選択したサブスクリプション プラン(1 年または 1 か月)分が課金されます。1 回目の支払い期日は、サブスクリプションのアップグレード中に表示されます。

別の Android デバイスで AVG アンチウイルス サブスクリプションの使用を開始する方法は?

Google Play ストアから AVG アンチウイルス有料版を購入すると、購入に使用した Android デバイスでサブスクリプションが自動的にアクティベートされます。新しい Android デバイスでサブスクリプションの使用を開始するには:

  1. AVG アンチウイルスの購入に使用したのと同じ Google アカウントを使用して、新しいデバイスで Google Play ストアにサインインします。
  2. Google Play ストアから AVG アンチウイルスの最新バージョンをダウンロードしてインストールします。
  3. インストールを終えたら AVG アンチウイルスを開き、[始める] ▸ [今すぐアップグレード] の順にタップします。
  4. 右上隅にある [] アイコン(3 つのドット)をタップし、[ご購入済みですか?] ▸ [Google Playから復元] の順に選択します。

AVG アンチウイルスは、Google Play ストアからサブスクリプションを自動的に取得してアクティベートします。

Google Play ストアから有料版の AVG アンチウイルスを購入しなかった場合は、アクティベーション コードを使用するか、AVG アカウントの認証情報でアプリにサイン インして、サブスクリプションをアクティベートする必要があります。アクティベーションの手順の詳細については、次の記事を参照してください。

AVG アンチウイルス有料版サブスクリプションをキャンセルする方法は?

Android デバイスから AVG アンチウイルスをアンインストールしても、有料サブスクリプションをキャンセルしたことにはならないため、キャンセルするまでサブスクリプション料が課金されます。サブスクリプションをキャンセルするには、サブスクリプションの購入に使用した Google アカウントで Google Play ストアにサインインしていることを確認して、次の手順に従います。

  1. お使いのデバイスのホーム画面で、Google Play ストア アイコンをタップしてストアを開きます。
  2. [メニュー](3 本の線)▸ [サブスクリプション] の順に選択します。
  3. キャンセルするサブスクリプションをタップして、[定期購入を解約] を選択します。

Google Play ストアがサブスクリプションのキャンセルを確認します。サブスクリプションはキャンセルされ、現在の請求サイクルの終了時に停止します。

Google Play ストアから有料版の AVG アンチウイルスを購入していない場合は、AVG アカウントからサブスクリプションをキャンセルする必要があります。手順の詳細については、次の記事を参照してください。

購入したサブスクリプションが AVG アンチウイルスで検出されない場合の対処方法は?

稀に、ユーザーがサブスクリプションを復元しようとしたとき、AVG アンチウイルスがユーザーの有効なサブスクリプションを検出できず、「サブスクリプションが見つかりません」というメッセージが表示されることがあります。この問題を解決する手順については、次の記事を参照してください。

機能

[スキャン] とは何ですか?

アプリのメイン画面の [スキャン] ボタンを使うと、デバイスにインストールされたアプリがすべてスキャンされ、デフォルトの Android 設定の変更に起因するセキュリティ リスクが通知されます。

AVG アンチウイルスでは、新しくインストールされたアプリは初回実行時に必ずスキャンされます。マルウェアが検出された場合は、アプリをアンインストールするか、ファイルを削除するよう促すメッセージが AVG アンチウイルスによって表示されます。アプリやファイルが誤ってマルウェアとして識別された場合は、AVG 脅威研究所に誤検出を直接報告できます。

自動スキャンのスケジュールを設定するには、 [メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [プロテクション] ▸ [スケジュールされたスキャン] の順に移動します。画面上部のスライダーが緑色(オン)になっていることを確認し、[スキャンする時刻] をタップしてスキャンを実行する時刻を設定し、スキャンを自動的に実行する日の横にあるボックスにチェックを入れて [スキャンする曜日] を指定します。

[RAM ブースト] とは何ですか?

アプリのメイン画面の [メモリを解放] タイルをタップすると、お使いのデバイスのバックグラウンドで実行中のアプリを終了させることができます。アプリの動作が遅くなり、バッテリーを無駄に消費する現象を、この操作で防止できます。このプロセスが完了すると、できた空き領域の容量と強制終了したアプリの数が表示されます。

[ジャンクをクリーニング] とは何ですか?

アプリのメイン画面の [ジャンクをクリーニング] タイルをタップすると、AVG アンチウイルスによってデバイスが分析され、不要なファイルが使っているストレージ領域の容量が表示されます。[セーフクリーン] タイルをタップすると、検出された不要ファイルのタイプを具体的に確認できます。クリーニング対象から外すアイテムのチェック マークをすべて外し、[クリーン] をタップすると、デバイス上の領域を解放できます。

不要ファイル クリーニング機能では、次の 3 種類のファイルをクリーニングできます。

  • アプリの一時ファイル:削除しても、アプリの機能に一切影響が出ない一時データ。
  • 広告のキャッシュ:広告システムがリソースを保存するフォルダーのデータ。
  • インストール ファイル:Google Play 以外のソースによる使用済み APK ファイル。

さらに多くの領域を解放するには、AVG クリーナー アプリを [セーフクリーン] の結果画面から直接インストールします。

[Wi-Fi を検査]/[Wi-Fi セキュリティ] とは何ですか?

アプリのメイン画面の [Wi-Fi を検査] タイルを使用すると、ルーター、暗号化、Wi-Fi、接続について問題がないかネットワークをスキャンできます。完了すると、接続しているネットワークが安全かどうかが表示されます。検出された問題はすべて、その解決手順とともに示されます。スキャンが終わると、[Wi-Fi を検査] タイルが [速度をチェック] に切り替わります。[Wi-Fi を検査] 機能には、 [メニュー](3 本の線)▸ [Wi-Fi セキュリティ] から、またはアプリのメイン画面で [スキャン] ボタンをタップしてアクセスできます。

[速度をチェック]/[Wi-Fi スピード] とは何ですか?

現在接続中の Wi-Fi ネットワークの問題を [Wi-Fi を検査] でスキャンし終えたら、[Wi-Fi を検査] タイルが [速度をチェック] に切り替わります。[速度をチェック] をタップすると、アプリでネットワークの現在のダウンロード速度とアップロード速度が測定され、評価されます。この機能には、 [メニュー](3 本の線)▸ [Wi-Fi スピード] からもアクセスできます。

[アプリ インサイト] とは何ですか?

[アプリ インサイト] では、デバイス上のアプリの使用状況やデータ消費の詳細を見ることができるほか、インストールされているアプリごとにどのような許可が必要になっているのか確認することができます。[アプリ インサイト] にアクセスするには、 [メニュー](3 本の線)▸ [アプリ インサイト] の順に移動します。

画面上部に表示される以下のタブのいずれかを選択します。

  • 使用率:各アプリの使用時間の概要を表示します。
  • データ:AVG アンチウイルスにデータ消費の管理を許可し、追加料金の発生を回避します。
  • 許可権限:デバイスのアプリの中で、どのアプリが最も多くの許可を必要としているかを表示します。許可を多く必要とするアプリがリストの上部に表示されます。任意のアプリをタップして、必要な許可を確認します。非システム アプリは、[アンインストール] をタップすると、デバイスから完全に削除できます。システム アプリはアンインストールできませんが、[無効化] をタップすると、システム アプリがバックグラウンドで実行されてデバイスのメモリを占領するのを防ぐことができます。

AVG アンチウイルスを使用してデータ消費量を管理する方法は?

AVG アンチウイルスでデータ消費量を監視し、使用量の上限に近づくと通知するよう設定して、追加料金の発生を回避できます。データ使用量のアラートを設定するには、以下の手順に従います。

  1. [メニュー](3 本の線)▸ [アプリ インサイト] の順に移動します。
  2. [データ] タブを選択します。
  3. [今すぐセットアップ] をタップします。
  4. 次の情報を入力します。
    • データ パッケージのサイズ:データ パッケージ サイズを設定します。
    • リセットする日:毎月、データをリセットする日を選択します。
  5. 入力した情報に基づき、AVG アンチウイルスが推奨される 1 日の上限を計算します。[登録する] をタップします。
  6. アプリ インサイト画面で、[データ] タブが選択されていることを確認し、[データ使用状況のアラート] をタップします。
  7. AVG アンチウイルスがデータ消費量について通知するタイミングを指定します。

これで、設定した内容に沿って AVG アンチウイルスからデータ消費量が通知されるようになりました。

[クリップボード クリーナー] とはどのようなものですか?

クリップボード クリーナーがユーザーのクリップボードを消去し、プライバシーが漏えいする可能性を防止します。[クリップボード クリーナー] を使用しない場合は、 [メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [通知とアラート] ▸ [リアルタイム保護] の順に移動すると、この機能を無効化できます。[クリップボード クリーナーの通知] の横にあるスライダーをタップして、灰色(オフ)に切り替えます。

[アプリのロック] とはどのようなものですか?

アプリのロック はユーザーの機密情報を含むアプリを暗証番号やパターンで保護する機能で、AVG アンチウイルス プロで使用できます。指紋でデバイスをアンロックできる状態のユーザーは、指紋を使うオプションを [アプリのロック] にも使用できます。この機能を有効にするには:

  1. [メニュー](3 本の線)▸ [アプリのロック] の順に移動します。
  2. [アプリのロック] の初回利用時は、[今すぐセットアップ] をタップします。
  3. 新しい PIN コードを設定必要な権限を付与 への画面の指示に従います。任意でスワイプ パターンを定義したり、指紋でのロック解除を設定したりもできます。
  4. [アプリのロックを有効にする] をタップします。
  5. アプリを保護するため、所定のスライダーをタップして緑色(オン)に変更します。ロックしたアプリは [ロックしたアプリ] の下に表示されます。ロックを解除したアプリは [ロックを推奨します] か [ロックされていないアプリ] の下に表示されます。

[アプリのロック] を有効にしたら、[アプリのロック] メイン画面の右上にある [] アイコン(3 つのドット)をタップすると、[設定] を選択し、[アプリのロック] 設定を変更できます。次のオプションが利用可能です。

  • [PIN とパターン] を選択すると、PIN の作成や変更、パターンの設定、指紋でのロック解除の設定ができます。
  • [アプリのロックのタイムアウト] を選択し、アプリをロックするタイミングを指定します。

以上で [アプリのロック] が設定され、使用可能になります。この機能を無効にするには、[アプリのロック] メイン画面上部にあるスライダーをタップし、 [オフ] に変更します。

[盗難対策] とはどのようなものですか?

盗難対策は、個人のモバイル データを保護し、AVG アカウントからリモートでデバイスの制御を行えるようにして、紛失または盗難に遭ったデバイスの回収をサポートします。

デバイスをリモートで制御するには、デバイスで盗難対策を有効にしておく必要があります。デバイスにアクセスせずに、盗難対策を有効にはできません。盗難対策を有効にする手順の詳細については、次の記事を参照してください。

[盗難対策] を有効にしてからは、 [メニュー](3 本の線)▸ [ 盗難対策] の順に移動して、盗難対策設定を修正できます。手順の詳細については、次の記事を参照してください。

AVG アンチウイルス有料版にアップグレードすると、以下の追加機能をご利用いただけます。

  • カメラ トラップ:正しくない PIN を入力した窃盗犯の写真を撮影します。
  • 音声記録:スマートフォンの周辺の様子を随時密かに記録できます。
  • 最後に確認された場所:デバイスのバッテリーがなくなりそうなときに、場所に関する通知を AVG アカウントに送信します。
  • PIN セキュリティ:ロック解除に 8 回失敗したら、デバイスをロックしてアラームを鳴らします。

[写真保管庫] とは何ですか?

写真保管庫では、PIN コード入力を義務づける形で写真へのアクセスを保護できます。写真保管庫に移動した写真は暗号化され、非表示となります。写真保管庫には、 [メニュー](3 本の線)▸ [写真保管庫] からアクセスできます。写真を [写真保管庫] に追加するには、画面の右下にある [プラス] アイコンをタップし、 次のオプションのいずれかを選択します。

  • 古い保管庫を復元:[写真保管庫] に写真が保存された状態で AVG アンチウイルス アプリをアンインストールしてから再インストールすると、このオプションが表示されます。このオプションを選択すると、以前の保管庫の写真が自動的に新しい保管庫に追加されます。
  • 新しい写真を撮影:新しい写真を撮影して、[写真保管庫] に直接追加します。
    1. 写真はお手持ちのカメラで撮影してください。
    2. [OK] をタップすると、写真を [写真保管庫] に配置できます。撮り直す場合は、代わりに [再試行] をタップします。
  • ギャラリーからインポート:既存のギャラリーの写真を選択して [写真保管庫] に追加します。
    1. 保護する写真にチェック マークを付けます。
    2. [今すぐ隠す] をタップします。

[写真保管庫] の写真を削除するには、削除する写真にチェック マークを付け、画面上部で目的に合うアイコンをタップします。

  • [エクスポート] アイコン:他のユーザーが閲覧できるように写真を元の場所にエクスポートできます。
  • [ゴミ箱] アイコン:[写真保管庫]、元の場所のどちらからも写真を削除できます。この操作を元に戻すことはできません。

PIN を忘れた場合:

  1. PIN 入力を求めるメッセージが表示されたら、右上にある [] アイコン(3 つのドット)をタップし、[PIN をリセット] を選択します。
  2. 画面の手順に従って Google アカウントの認証資格情報を使い、PIN をリセットします。

無料版 AVG アンチウイルスでは、最大 10 件の写真を保護できます。数に上限を設けずに写真のセキュリティを確保するには、有料版 AVG アンチウイルスにアップグレードしてください。

AVG アンチウイルス Android 版からファイアウォール機能が削除された理由は?

AVG アンチウイルス Android 版のファイアウォール機能は、いくつかのシステム機能へのアクセスに依存しており、ルート権限が必要でした。ファイアウォール機能の使用率が低いことと、ルート化済みデバイスの使用に伴うリスクを考慮して、AVG アンチウイルス Android 版のバージョン 6.27 以降ではファイアウォールが削除されました。AVG アンチウイルス Android 版バージョン 6.27 以上にアップデートすると、ファイアウォールに以前設定されたすべてのルールが自動的に削除されます。

AVG はルート化を推奨していません。ルート化済みデバイスは一般的に安全性が低く、ユーザーがデバイスをルート化するとより高いリスクにさらされることになります。

ルート化は、Android ユーザーが Android システム内で特権的なデバイス管理権限(「ルート アクセス」)を行使できるようにするプロセスです。ルート化しておくと、ユーザーがキャリアやハードウェア メーカーの設定した制限を上書きできます。システム アプリケーションやシステム設定の変更や置き換え、管理者権限の必要な特殊アプリの実行も、この措置で可能となります。

[着信拒否] とはどのようなものですか?

Google Play デベロッパー ポリシー センターと Android ポリシーの変更により、着信拒否は AVG アンチウイルス バージョン 6.30 以降、または Android 9 以降を実行しているデバイスでは使用できません。詳細については、次の記事を参照してください。

[着信拒否] ではブラックリストに登録した番号からの着信を拒否できます。ブラックリストに登録する着信は、次のような形でも指定できます。

  • 未知の番号すべて。
  • 非通知の番号すべて。
  • コンタクト リストから選択した番号。
  • アプリに手動入力した番号。

[着信拒否] にアクセスするには、 [メニュー](3 本の線)▸ [着信拒否] の順に移動します。着信が拒否されると、電話をかけた人は自動的にボイス メール サービスに送られます。

[着信拒否] メニューの [履歴] をタップすると、拒否した着信のリストが表示されます。

[パワー節約] とはどのようなものですか?

[パワー節約] は、AVG アンチウイルス バージョン 6.30 以降では使用できません。

[パワー節約] ではバッテリー残量が減りにくいように設定一式を調整できます。 [メニュー](3 本の線)▸ [パワー節約] の順にタップして [パワー節約] にアクセスします。[パワー節約] を有効にするには、[パワー節約を有効にする] をタップします。[パワー節約設定] をタップすると、[パワー節約] が有効なときのデバイス動作を設定できます。またはデフォルトの設定を使うこともできます。

VPN 保護

[VPN 保護] とは何ですか?

[VPN 接続] 機能を使用すると、オンライン活動の盗聴を防ぐ暗号化トンネルを使い、安全な AVG VPN サーバーを通じてインターネットに接続できます。Android 用 AVG アンチウイルスの VPN には次の特長があります。

  • 保護:不特定多数の人々が同一のパブリック ネットワークに接続する状況では、攻撃者にログイン名やパスワードなどの機密データを盗まれる可能性があります。暗号化された VPN 接続を使うと、これらのタイプの攻撃に対し効果的に自衛できます。
  • 匿名化:多数のユーザーが固定の IP アドレスを使うブロードバンド接続では、機密データを扱うサイトの閲覧中に IP アドレスを追跡される可能性があります。VPN で接続すると、リモートサーバーには VPN サーバーの IP アドレスのみ開示され、ユーザーの IP アドレスは開示されないため、事実上、匿名セッションで閲覧できます。
  • 世界中のコンテンツにアクセス:別の場所にある VPN サーバーに接続すると、現在の場所では制限される可能性のあるコンテンツにアクセスできます。これにより、ウェブ検閲のある国からでも自由に閲覧できます。

AVG アンチウイルス Android 版の VPN 機能と AVG セキュア VPN アプリの違いは何ですか?

AVG アンチウイルス Android 版と AVG セキュア VPN アプリのどちらでも、搭載された VPN 接続機能を使用すると、セキュアな AVG VPN サーバーを経由してインターネットに接続できるため、個人情報を保護でき、オンラインでの活動を効果的に匿名化できます。AVG アンチウイルス Android 版の VPN 接続機能を使用して AVG の VPN サーバーに接続するときは、AVG セキュア VPN で選択できるサーバー ロケーションと同じリストから接続先を選択できます。

AVG セキュア VPN アプリは、[自動接続]、[スプリット トンネリング] など、AVG アンチウイルス Android 版が搭載していない特定の詳細設定オプションを搭載しています。詳細については、次の記事を参照してください。

AVG アンチウイルス Android 版では、AVG モバイル アルティメットがない限り、VPN 接続を使用できません。これらのサブスクリプションで VPN 接続機能か AVG セキュア VPN を使用できるようになります。

AVG アンチウイルス Android 版に VPN 機能を追加する方法は?

この AVG アンチウイルスに含まれる機能は、AVG モバイル アルティメット サブスクリプションで登録している Android デバイス用です。

AVG セキュア VPN のサブスクリプションを使って Android 用 AVG アンチウイルスの VPN 機能をアクティベートできますか?

いいえ。その場合は引き続き AVG セキュア VPN を独立したアプリとして使うことになります。ただし AVG モバイル アルティメットのサブスクリプションで得たアクティベーション コードを使い、AVG アンチウイルスの VPN 機能または AVG セキュア VPN(同時に最大 5 台のデバイスで使用可能)をアクティベートすることも可能です。

設定

AVG アンチウイルスに表示される通知を変更する方法は?

[ メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [通知とアラート] の順に移動します。通知とアラートは次のセクションに分類されています。

  • リアルタイム保護
    • 常時通知:AVG アンチウイルスのバックグラウンド実行を停止しようとする Android の動きを防ぐことで、万全の保護機能を徹底できます。同じ方法でアプリのロックを確実に適切に機能させることもできます。
    • クリップボード クリーナーの通知:クリップボードにコピーしたコンテンツがあるときに通知を受け、コンテンツを消去することでプライバシーの漏えいを防止できます。
    • 慎重に扱うべきアプリの通知:[アプリのロック] を使うと、機密性の高いアプリがインストールされた際の通知と、そのアプリに対するアクセス保護の指示を受けることができます。
    • アプリ インストール シールドの通知:インストールまたはアップデートしようとしているアプリが安全であるかを知らせます。
    • スキャン完了ポップアップ:スキャンが完了し、結果を表示できるようになったら、すぐにポップアップ表示で通知が届きます。
    • 低バッテリー警告:バッテリーが切れている状態、または電源が入っていない状態のスマートフォンでも探し出せるように、[最後に確認された場所] を有効に切り替えるよう促すメッセージが表示されます。[最後に確認された場所] は [盗難対策] 機能に組み込まれた設定の 1 つです。
    • 機密性の高いコンテンツが検出されました:機密性の高いウェブ コンテンツが表示されると検出して VPN の利用をすすめるメッセージが表示されます。
  • パフォーマンス
    • タスク終了通知:バックグラウンドで実行中のアプリについて通知し、そのアプリの停止を提案します。これは、アプリのメイン画面の [RAM ブースト] タイルと結び付いています。
    • セーフ クリーン:デバイスで検出した不要なファイルが 50 MB を上回ったとき、それを通知し、デバイス クリーニングを提案します。
  • Wi-Fi ネットワーク
    • 未知のネットワーク ダイアログ:未知のネットワークに接続するときに、セキュリティ チェック、速度テスト、安全な接続を提供します。
    • スピード テスト:接続速度をチェックできます。
    • 不明なネットワークを自動スキャンする:新しい Wi-Fi ネットワークのセキュリティの脅威を自動的にスキャンします。
  • データ使用状況のアラート
    • サイクル使用量が次の値に達したとき:データ使用量がユーザーの指定した割合(%)に達したとき、通知が届きます。
    • サイクルの上限に達したとき:データ サイクルの上限に達したとき、通知が届きます。
    • 1 日の上限に達したとき:1 日のデータ量の上限に達したとき、通知が届きます。
    • データ使用状況を常に通知に表示する:すべての通知にデータ使用状況を表示できます。

パーマネント通知を無効化またはカスタマイズする方法は?

パーマネント通知では、Android が AVG アンチウイルス プロのプロセスを停止しないように、デバイスの完全な保護を徹底します。Android 8.0 以降を実行しているデバイスでは、パーマネント通知を無効にするオプションがありません。ただし、デバイスの設定から、通知を最小限にし、中断を最小限に抑制できます。詳細については、次の記事を参照してください。

プロテクション設定をカスタマイズする方法は?

AVG アンチウイルスの [プロテクション] コンポーネントでは、デバイスの監視やスキャンを通じて疑わしい活動を検出し、マルウェアやウイルスに対し自衛できます。

次のオプションにアクセスするには、 [メニュー](線 3 本)▸ [設定] ▸ [プロテクション] の順に移動します。

  • スケジュールされたスキャン:スキャンのスケジュールを設定できます。アプリがデバイスを自動スキャンする曜日と時間を選択します。
  • 無視した問題:スキャン後に問題を修復しなかった場合は、無視した問題を一覧表示できます。
  • アプリインストールシールド:インストール後にアプリをスキャンできます。
  • ファイルシールド:悪意のあるファイルがないかデバイスをスキャンします。
  • ウェブシールド:読み込んだ各 URL をスキャンし、ブラウザーがマルウェアに感染した URL を読み込んだときに警告を発し、フィッシングやその他の悪質なウェブサイトからも保護します。この設定を有効にするには、最初にデバイスの設定で AVG アンチウイルスにアクセシビリティの許可を付与する必要があります。
  • 内蔵ストレージ検査:内蔵ストレージに保存されているファイルをスキャンできます。このオプションを有効にすると、スキャン プロセスの時間が長くなることがあります。
  • 評判の良くないアプリ:アプリをスキャンしたあとに AVG ユーザーの評価と比較し、低評価のアプリについて警告を受け取ることができます。
  • PUPを検知する:不審なプログラム(PUP)にマルウェアのマークを付け、それに応じた処理を行います。

[アプリのロック] のタイムアウト設定を変更するには、どうすればよいですか?

[アプリのロック] 機能でアプリがロックされるタイミングを指定するには、 [メニュー](線 3 本)▸ [設定] ▸ [アプリのロック] の順に移動し、[アプリのロックのタイムアウト] をタップします。次のオプションが利用可能です。

  • 今すぐ:アプリをバックグラウンドに回すと、そのままアプリがロックされます。
  • 10秒:アプリをバックグラウンドに回すと、10 秒後にアプリがロックされます。
  • 30 秒:アプリをバックグラウンドに回すと、30 秒後にアプリがロックされます。
  • 1 分:アプリをバックグラウンドに回すと、1 分後にアプリがロックされます。
  • 画面がオフになったとき:デバイス画面をオフにすると、アプリがロックされます。

所定のタイムアウト中にこのアプリなど、[アプリのロック] で管理しているアプリを起動すると、カウントダウンが止まり、最初からやり直しとなります。タイムアウト設定とは無関係に、画面がオフになるたび毎回、アプリは [アプリのロック] でロックされます。

アプリの 1 つでロックが解除されると、[アプリのロック] で管理している他のアプリもすべて自動的にロックが解除され、タイムアウト期間中でもすべてのアプリにアクセスできるようになります。

Android デバイスにインストールされている AVG アンチウイルスのバージョンを確認する方法は?

  1. AVG アンチウイルスを開いて、 [メニュー](3 本の線)をタップします。
  2. [設定] ▸ [情報] の順にタップします。
  3. [アンチウイルス] で現在使用しているアプリのバージョンを確認します。

AVG アンチウイルスの [アクティビティ ログ] はどこで確認できますか?

[動作ログ] には、 [メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [動作ログ] の順に移動するとアクセスできます。

[アクティビティ ログ] を使用すると、AVG アンチウイルス Android 版のすべてのアクティビティを表示できます。内容は主に更新とスキャンです。右上隅にある [ゴミ箱] アイコンをタップすると、[アクティビティ ログ] を消去できます。

AVG およびサード パーティと共有するデータを管理するにはどうすればよいですか?

AVG アンチウイルスを使用すると、ユーザーは匿名の使用統計とエラー レポートを AVG およびサード パーティと共有する形で、アプリの改善に貢献することになります。データ共有設定を管理するには、 [メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [個人のプライバシー] の順に移動します。次のいずれかのオプションの横にあるスライダーをタップし、緑(オン)に切り替えてオプト インするか、灰色(オフ)に切り替えてオプト アウトします。

  • 改良点
    • すべての AVG アンチウイルス ユーザーのセキュリティを改良するために、脅威データを AVG と共有する(Community IQ)。
    • アプリの使用状況データを AVG と共有して、新製品の開発に役立てます。
    • このアプリを改善するために、サードパーティの解析ツールを使用してアプリの使用状況データを共有します。
  • おすすめ
    • アプリ使用状況データを AVG と共有し、アップグレードと他の AVG 製品の提案を受ける(AVG アンチウイルスの無料版では、このオプションはデフォルトで有効になっているため非表示)。

ウイルス定義が更新されているかどうかをチェックするには、どうすればよいですか?

ウイルス定義は自動的に更新されます。現在のウイルス定義のバージョンとインストール日時を確認するには、 [メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [アップデート] の順に移動します。[更新を確認する] をタップして、インストールされている最新バージョンを確認することもできます。モバイル データを使ってインターネットに接続しているとき、AVG アンチウイルスが更新されないようにするには、[Wi-Fi 接続中のみ更新] の横にあるスライダーをタップし、緑色(オン)に切り替えます。この設定を有効のままにしておくことは、おすすめしません

トラブルシューティング

Android から AVG アンチウイルスをアンインストールするには、どうすればよいですか?

これらの手順は、お使いのデバイス モデル、Android バージョン、販売元のカスタマイズに応じて、若干異なる場合があります。

Android から AVG アンチウイルスをアンインストールするには:

  1. デバイスの [設定] を開き、[端末管理] を探し [端末管理アプリ] を開きます。
  2. [アンチウイルス] の端末管理の許可を無効にします。
  3. デバイスの [設定] を開いて [アプリ] に移動します。
  4. [アンチウイルス] を選択し、[アプリ情報] 画面から [強制停止] をタップします。
  5. [ストレージ] セクションで [データを削除] と [キャッシュを削除] をタップします。
  6. 戻る矢印をタップして [アプリ情報] 画面に戻り、[アンインストール] を選択します。

アンインストールの手順の詳細については、次の記事を参照してください。

AVG アンチウイルス Android 版でサード パーティの広告を無効にするには、どうすればよいですか?

今後も AVG アンチウイルスの改良を続けられるように、無料版アプリには、アプリ利用の邪魔にならない範囲でサード パーティの広告が含まれています。AVG アンチウイルスの有料版では広告が表示されないほか、追加のプレミアム機能とメリット一式が組み込まれています。アプリのメイン画面の右上隅にある [アップグレード] をタップして、AVG アンチウイルス有料版を購入してください。

代わりに広告非表示サービスのサブスクリプションを購入する方法もあります。以上でサード パーティの広告が AVG アンチウイルスに表示されなくなります。ただし追加のプレミアム機能とメリットは対象です。広告非表示サービスのサブスクリプションは、AVG アンチウイルス無料版を約 40~50 日間使用するまで利用可能になりません。このサブスクリプション オプションを選択できる場合は、[広告を非表示にする] パネルがアプリのメイン画面に表示されます。広告非表示サービスのサブスクリプションを購入するには、[広告を非表示にする] の横にある灰色(オフ)のスライダーをタップし、画面の手順に従ってください。

アクセシビリティ許可が繰り返し無効になる場合はどうすればよいですか?

パフォーマンス向上のため、一部の Android デバイスでは、デバイスの画面をオフにすると自動的にアプリが強制終了されます。多くの場合これが、[アクセシビリティ許可] でアクセシビリティ許可を与えたアプリから権限が失われる原因となります。

アクセシビリティ許可を再度有効にするには、デバイスの設定を開き、[アクセシビリティ] を検索して、この許可を [アンチウイルス] に付与します。

AVG アンチウイルスの権限が失われないように、システム設定を変更することをおすすめします。手順の詳細については、次の記事を参照してください。

[アプリのロック] 用の PIN をリセットするには、どうすればよいですか?

[アプリのロック] の PIN を忘れた場合は、次の手順に従ってリセットします。

  1. [メニュー](3 本の線)▸ [設定] ▸ [PIN とパターン] ▸ [PIN の変更] に移動します。
  2. 右上隅にある [] アイコン(3 つのドット)をタップし、[PIN をリセット] を選択します。
  3. 画面の手順に従って Google アカウントの認証資格情報を使い、PIN をリセットします。

AVG アンチウイルス Android 版でマルウェアを削除できない場合は、どうすればよいですか?

稀に AVG アンチウイルスでマルウェアを検出したものの、そのマルウェアをアンインストールできないことがあります。よくある原因は、疑わしいアプリに対する許可のレベルや、システム アプリとしてインストールされているアプリです。詳細については、次の記事を参照してください。

誤検出について AVG 脅威研究所に報告するには、どうすればよいですか?

稀に AVG アンチウイルスでも安全なファイルがマルウェアとして検出され、マルウェアのマークを付けられることがあります。誤検出については、スキャン結果画面から直接、AVG 脅威研究所に報告できます。

  1. 報告対象の検出ファイルの横にある [] アイコン(3 つのドット)をタップします。
  2. [誤検知として報告する] オプションを選択します。
  3. 問題の詳細を入力し、返信用メール アドレスを入力してください(ファイル分析終了時に通知を希望する場合)。
  4. [送信] をタップします。

AVG アンチウイルスの発行するバックグラウンド通知の警告音を無効にするには、どうすればよいですか?

特定の [Honor] または [Huawei] デバイスでは、AVG アンチウイルスから通知が届くたびに警告音が鳴ります。この警告音を防ぐには、お使いの Honor または Huawei デバイスで以下のステップを順に実行します。

  1. デバイスの [設定] を開いて [アプリと通知] に移動します。
  2. [通知の管理] を選択します。
  3. [AVG アンチウイルス Android 版] をタップしてから [バックグラウンド サービス] を選択します。
  4. [着信音] の横にある青い(オン)スライダーをタップしてグレー(オフ)に切り替えます。

AVG アンチウイルスから通知が届いても音が鳴らなくなります。

AVG アンチウイルスが多くの許可を必要とする理由は?

AVG アンチウイルス Android 版では、最初は不要と思われる許可も多数必要となります。その理由は、Android の許可分類に割り当てられる名前が最も一般的な用途に基づいており、許可を必要とするプロセスの種類すべてが名前に反映されないことにあります。たとえば、マルウェア定義の更新を受け取るためにはインターネットへの完全なアクセス許可が必要であり、[スキャン] と [ウェブシールド] でデータをスキャンして脅威を検出するにはスマートフォンのデータを読み取る許可が必要です。

弊社はユーザーのプライバシーを最優先しています。要求される許可一式は、Android 用 AVG アンチウイルスの機能を実現するために最小限必要なもののみで構成されています。詳細については、次の記事を参照してください。

AVG サポートに問題を報告するには、どうすればよいですか?

AVG サポートのページには、セルフ サービスで対処できるヘルプ記事が多数公開されています。ただし問題によっては、AVG サポートで詳細を調査する必要があります。

次の記事の手順を使用して、サポート チームに問題を報告してください。

  • AVG アンチウイルス 6.x Android 版
  • Google Android 5.0(Lollipop、API 21)以降

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ