個人向け製品のサポート

AVG アンチウイルス Android 版で必要な権限

Android のデータおよびプログラミング インターフェースは、権限によって保護されています。AVG アンチウイルス Android 版が意図したとおりに機能するためには、特定の許可が必要です。当社はユーザーのプライバシー保護に真剣に取り組んでおり、この権限を利用して個人データを自社サーバーに送信したり、電話料金に不要な課金をしたりすることはありません

必要な権限の数は、Android システムのバージョンとデバイス モデルによって異なる場合があります。

AVG アンチウイルス Android 版に必要な権限は次のグループに分けられます。以下に、権限名を示し、その権限の動作とアプリで必要な理由について簡単に説明します。この記事では、最も重要な権限についてのみ説明します。権限の全リストをデバイスで確認するには:

  1. デバイスで[設定]を開きます。
  2. アプリ / アプリの権限を検索するか、選択します。
  3. インストール済みアプリのリストから[AVG アンチウイルス]を選択します。
  4. 権限を選択します。

以下の権限グループの名前をタップまたはクリックして、各権限の詳細を確認します。

連絡先

  • アプリのロックを使用して PIN を復元できます。
  • 連絡先の詳細とデバイス アカウントにアクセスして、Google アカウント経由でサインインできます。
  • 盗難対策を使用してクラウドに設定を保存できます。
  •  

位置情報

  • 盗難対策を使用して、ネットワークと GPS に基づいてユーザーの所在地にアクセスできます。この権限があると、紛失または盗難時にデバイスの場所を把握できます。
  • Wi-Fi を検査 が新しいネットワークを識別し、脅威がないかスキャンすることを許可します。

ストレージ

  • デバイス ストレージ内のファイルへのアクセスを許可し、セキュリティ脅威をスキャンします。
  • デバイスのストレージからマルウェアや不要ファイルの削除を許可します。
  • AVG アンチウイルス 6.x Android 版
  • Google Android 6.0(Marshmallow、API 23)以降

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ