個人向け製品のサポート

AVG セキュア ブラウザ - はじめに

AVG セキュア ブラウザ は、お客様のオンライン上の安全を維持するためのセキュリティおよびプライバシー対策機能が組み込まれたウェブブラウザです。この記事では、AVG セキュア ブラウザの使用を開始する手順を説明します。

この記事では、お使いの PC に AVG セキュア ブラウザの最新バージョンがすでにインストールされていることを前提とします。インストール手順の詳細については、次の記事をご参照ください。AVG セキュア ブラウザのインストール
この記事では、お使いの Mac に AVG セキュア ブラウザの最新バージョンがすでにインストールされていることを前提とします。インストール手順の詳細については、次の記事をご参照ください。AVG セキュア ブラウザのインストール
この記事では、お使いの デバイス に AVG セキュア ブラウザの最新バージョンがすでにインストールされていることを前提としています。インストール手順の詳細については、次の記事をご参照ください。AVG セキュア ブラウザのインストール

[セキュリティ&プライバシー センター]を開く

セキュリティ&プライバシー センター とは、ユーザーが自身のオンラインアクティビティを管理できるツールと機能のコンソールです。

ほとんどの機能はデフォルトで有効になっており、最高レベルのセキュリティとプライバシーを提供します。[セキュリティ&プライバシー センター]から特定の機能を手動で有効または無効に切り替えることで、AVG セキュア ブラウザをパーソナライズできます。各種ツールには プライベート モードプライバシー クリーナーハック チェック からもアクセスできます。

[セキュリティ&プライバシー センター] にアクセスするには:

[セキュリティ&プライバシー センター]が開きます。タイルをクリックして、機能の詳細を確認します。

[セキュリティ&プライバシー センター]で利用できる機能の詳細については、次の記事をご参照ください。

デフォルトのブラウザの設定

AVG セキュア ブラウザ をデフォルトのブラウザに設定するには、次の手順を実行します。

  • AVG セキュア ブラウザを開き、画面上部にあるバナーで [デフォルトに設定] をクリックします。バナーが表示されない場合は、AVG セキュア ブラウザがすでにデフォルトのブラウザになっている可能性があります。

以上で AVG セキュア ブラウザはデフォルトのブラウザになります。これを確認するには [ メニュー] (3 つの点) ▸ [設定] ▸ [デフォルトのブラウザ] の順に移動します。

ブラウザデータのインポート

AVG セキュア ブラウザ では、ブックマーク、閲覧履歴、検索エンジン、保存したパスワード、自動入力フォームのデータを複数の一般的なウェブブラウザ、または HTML ファイルからインポートできます。

AVG セキュア ブラウザでブラウザ データをインポートする方法の詳細については、次の記事をご参照ください。

新しいブックマークを追加する

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、ブックマークしたいウェブ ページに移動します。
  2. アドレス バーの星形のアイコンをクリックします。
  3. ブックマークの内容がわかりやすくなる名前を付け、ドロップダウン メニューを使用してブックマークの場所を指定します。
  4. [完了] をクリックして確定します。

これでウェブページがブックマークされました。指定した場所によって、ブックマーク バー (アドレスバーの下) から直接、または [その他のブックマーク] フォルダをクリックして、ブックマークしたページにアクセスできます。

これでウェブページがブックマークされました。指定した場所によって、ブックマーク バー (アドレスバーの下) から直接、または [その他のブックマーク] フォルダをクリックして、ブックマークしたページにアクセスできます。

ブックマークバーが表示されていない場合は、[ メニュー] (3 つの点) ▸ [ブックマーク] ▸ [ブックマーク バーを表示] の順に移動します。
ブックマークバーが表示されていない場合は、[ メニュー] (3 つの点) ▸ [ブックマーク] ▸ [ブックマーク バーを表示] の順に移動します。

プライバシー ガードを調節する

プライバシー ガード は、ユーザーが閲覧しているウェブページでの広告の読み込みを阻止し、ユーザーのネット閲覧セッションの速度と安全性を向上させます。プライバシー ガード はデフォルトで有効になっています。

プライバシー ガード の強度を調整するには:

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、アドレスバーの右にある [ プライバシー ガード] アイコンをクリックし、[ 設定] (歯車アイコン) をクリックします。
  2. プライバシー ガードのモードを選択するには:
    • 基本ブロッキング: 受け入れ可能な広告の基準に違反する広告がすべて、ポップアップや自動再生ビデオごとブロックされます。
    • バランス ブロッキング (推奨): 閲覧の速度や安全性を向上する目的で、ベーシックと同じブロック対象に加え、その他の妨害的広告には当たらない広告もブロックされます。このモードでは、オンライン検索中に役立つ一部の広告は引き続き表示されます。
    • 厳格ブロッキング: 広告がすべてブロックされます。このモードを選択すると、ウェブサイトが正しく読み込まれなくなったり、特定のウェブサイトに完全にアクセスできなくなったりする可能性があるため、おすすめしません。

以上でプライバシー ガードが有効となり、ご希望の強度に設定されました。

プライバシー ガードについての詳細情報は、次の記事をご参照ください:AVG セキュア ブラウザ - よくある質問

デフォルトの検索プロバイダーの変更

アドレス バーで使用する検索エンジンを定義するには、次の手順に従います。

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、[ メニュー] (3 つの点) ▸ [設定] の順に移動します。
  2. [検索エンジン] セクションまでスクロールし、ドロップダウンメニューを使用して、希望の検索エンジンを選択します。

以上で検索エンジンが定義されました。

セキュア ブラウザ VPN を有効にする

AVG セキュア ブラウザ プロで利用可能で、仮想プライベート ネットワーク(VPN)を使用して現在地を隠すかどうかを選択します。

ブラウザ VPN を有効にするには:

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、アドレス バーの左の[VPN]アイコンをクリックします。
  2. [オフ] スライダーをクリックし、オン に切り替えます。
  3. 必要に応じて、ロケーション パネルをクリックして目的の場所を検索するか、オプションのリストから 1 つを選択します。

セキュア ブラウザ VPN が有効になります。

画面共有モードを有効にする

ブラウザ画面を共有する際に、個人データを隠すには:

画面共有モードが有効になりました。

画面共有モードを無効にするには、[ メニュー] (3 つの点) に移動し、[画面共有モード] をクリックします。

セキュア ブラウザを立ち上げる

  1. デバイスのホーム画面で[AVG ブラウザ]アイコンをタップします。アプリが開き、ブラウザのメイン画面が表示されます。
  2. 次のアクションから選択します。
    1. アカウント: アカウントアイコンをタップし、AVG アカウントでサインインして、複数のデバイス間でブラウジングデータを同期します。
    2. 今すぐアップグレード: タップして、AVG セキュア ブラウザ プロのサブスクリプションを購入します。
    3. 設定: [ 設定] (歯車のアイコン) をタップし、オンラインアクティビティを管理したり、一般的なブラウザ設定を変更したりするためにセキュリティおよびプライバシー保護機能を調整します。
    4. URL を検索または入力: 検索バーをタップし、検索ワードまたはウェブサイトの URL を入力して、デフォルトモードでネットの閲覧を開始します。
    5. ショートカットを追加: [+](プラス)アイコンをタップして、お気に入りのウェブサイトをブックマークします。
    6. メニュー:[ メニュー] (3 つの点) をタップして、ブラウザの履歴やブックマークしたウェブサイトなどのメニューオプションにアクセスします。
    7. タブ: 四角いタブ アイコンをタップして、各ブラウザ モードで現在開いているブラウザ タブを表示します。
    8. 検索: 検索アイコンをタップして、ブラウザの検索バーにアクセスします。
      ウェブサイトを閲覧しているときに、検索アイコンがホーム アイコンに変わります。ホーム アイコンをタップして、AVG セキュア ブラウザのメイン画面に戻ります。

AVG セキュア ブラウザで利用できる機能の詳細については、この記事のセクションをご参照ください。

ブラウザ モードを変更する

AVG セキュア ブラウザには、次の 2 つのブラウザモードがあります。デフォルト モードプライベート モード です。これらのブラウザモードにより、アクセスするサイトに最適なプライバシー設定に従ってブラウザアクティビティを整理できます。

別のブラウザ モードでタブを開く、またはブラウザ モード別に整理された現在開いているタブを表示するには、次の手順に従います。

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、画面下部にある四角の[タブ アイコン]をタップします。
  2. 画面上部のアイコンをタップして、モードを切り替えます。現在開いているタブがある場合、それらは該当するモード画面に表示されます。
    1. デフォルト モード: セキュリティとプライバシーのバランスを取ります。VPN で位置情報を偽装し、ウェブ シールドでウェブ攻撃や危険なダウンロードをブロックできるようにします。広告とトラッカーはブロックされます (バランスモード)。
    2. プライベート モード: 本当に匿名なシークレットブラウジング。デフォルトモードと同じセキュリティオプションを提供するのに加えて、スクリーンショットも無効にします。ブラウザを終了すると、すべての閲覧データと履歴が削除されます。
  3. 選択したモードで新しいタブを開くには、緑色の [+](プラス)アイコンをタップしてから、開きたいサイトの URL を検索または入力します。

選択したブラウザ モードで新しいタブが開きます。画面の右下にあるホーム アイコンをタップして、AVG セキュア ブラウザのメイン画面に戻ります。

セキュリティおよびプライバシー保護機能を調整する

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、画面の右上隅にある [ 設定] (歯車アイコン) をタップします。
  2. 次のオプションから選択します。
    • ブラウザ VPN: 仮想プライベート ネットワーク(VPN)を使用して現在地を隠します。詳細については、ブラウザ VPN をご参照ください。
    • アドブロック:アクセスしたウェブサイトに広告が読み込まれないようにします。詳細については、広告とトラッカーをブロックをご参照ください。
    • セキュリティ スキャナ: ブラウザの保護設定が無効になっていることによる脆弱性をスキャンします。
    • ウェブ シールド: マルウェアやフィッシングサイトへのアクセスを自動的にブロックし、個人データの漏洩を防ぎます。
    • デバイス全体 VPN: デバイス上のすべてのアプリが AVG VPN サーバー経由で安全にインターネットに接続できるようにします (AVG セキュア ブラウザ プロで利用可能)。
    • ブラウザ ロック: 閲覧履歴やデータを AVG セキュア ブラウザ内で安全にロックできます。
    • メディア保管庫: ダウンロードしたメディアファイルや暗号化されたメディアファイルにアクセスできます。
    • 詳細な設定

ブラウザ VPN を有効にする

仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用して現在地を隠すかどうかを選択します。ブラウザ VPN に接続するには:

  1. [ブラウザ VPN がオフです] をタップします。
  2. 灰色 (オフ) のスライダーをタップして、緑色 (オン) に変更します。
変更したブラウザの場所をデフォルトの場所から隠したり、デバイス全体の VPN をオンにするには、AVG セキュア ブラウザ プロ サブスクリプションが必要です。

広告とトラッカーをブロック

アドブロックは、アクセスしたウェブサイトに広告が読み込まれないようにします。これにより、ブラウザ セッションの速度と安全性が向上します。アドブロックはデフォルトで有効になっており、[バランス モード] に設定されています。アドブロックモードを変更するには:

  1. [アドブロックがオンです] をタップします。
  2. 希望のアドブロックモードの横にある円をタップします。
    • バランス型 (推奨): ほとんどの広告をブロックして、ブラウザ セッションの速度と安全性を向上させます。これには、ポップアップ、バナー、自動再生ビデオ、および一部のソーシャル メディア広告が含まれます。このモードでは、オンライン検索中に役立つ一部の広告は引き続き表示されます。
    • エッセンシャル:許容広告基準に違反する破壊的な広告をブロックします。これには、ポップアップ、バナー、自動再生ビデオが含まれます。
    • 厳密: ほとんどすべての広告をブロックします。これには、ポップアップ、バナー、自動再生ビデオ、一部のソーシャル メディア広告、およびその他の広告の99%が含まれます。このモードを選択すると、いくつかのウェブサイトが正しく読み込まれなくなったり、特定のウェブサイトに完全にアクセスできなくなったりする可能性があるため、おすすめしません。このモードを選択する場合は、厳密を設定 をタップして選択を確認してください。

優先するアドブロックモードは設定されています。

許可された広告リスト

許可された広告リストにウェブサイトを追加することもできます。これは、指定したウェブサイトに引き続き広告が表示されることを意味します。許可された広告リストにウェブサイトを追加するには:

  1. ウェブサイトを開きます。
  2. 右上隅にある [ 設定] (歯車アイコン) をタップします。
  3. [広告ブロックをオン] の横にある緑色 (オン) のスライダーをタップして、灰色 (オフ) に変更します。

ウェブサイトが許可された広告リストに追加され、現在のブラウザモードを使用してウェブサイトにアクセスしたときに広告が表示されるようになりました。他のウェブサイトの広告は、ブラウザモードの設定に従って引き続きブロックされます。

許可された広告リストからウェブサイトを削除するには、関連するブラウザモードの設定を開き、[アドブロックがオン ▸ 許可された広告リスト] を選択し、ウェブサイト名の横にあるゴミ箱アイコンをタップします。

詳細な設定

  1. [詳細な設定] をタップします。
  2. 次のセキュリティおよびプライバシー設定も可能です。
    • TLS 接続経由のセキュア DNS: 任意のドメイン ネーム システム(DNS)を選択します。AVG セキュア ブラウザ プロ サブスクリプションでは、カスタム DNS を追加するオプションもあります。
    • カスタム DNS を管理 (AVG セキュア ブラウザ プロ): DNS リストからカスタム DNS ノードを追加または削除します。
    • Cookie とデータを消去: タップすると、選択したブラウザモードのすべての Cookie がすぐに消去されます。
    • スクリーンショットを防止: タップすると、マスキングが有効になり、スクリーンショットが防止されます。
    • 質問せずにダウンロード: 灰色 (オフ) のスライダーをタップして緑色 (オン) に変更すると、AVG セキュア ブラウザがファイルをダウンロードすることを最初に確認するように求められることなく、ファイルをすぐにダウンロードできるようになります。
    • カスタマーエクスペリエンスプログラム: タップすると、匿名のアプリの使用状況データを AVG と共有できます。

一般設定を変更する

  1. AVG セキュア ブラウザを開き、画面右上にある [ 設定] (歯車アイコン) をタップします。
  2. 次のオプションから選択します。
    • プライバシー統計: 一定期間の有効かつ利用可能な統計が閲覧できます。
    • 検索エンジン: お好みの検索エンジンを選択します。
    • パスワード マネージャー: 保存したパスワードを保管できます。
    • デフォルトのブラウザとして設定: AVG セキュア ブラウザをデフォルトのブラウザとして設定し、URL リンクが常に AVG セキュア ブラウザで開くようにします。
    • 表示: アプリをライトモードまたはダークモードに切り替えます。
    • 検索サジェストを表示: ブラウジング中に検索サジェストが利用可能になります。
    • デフォルト設定に戻す: タップすると、ブラウザモードがデフォルト設定に戻ります。
    • アプリ ウィジェット: デバイスのホーム画面から AVG セキュア ブラウザへのショートカットを追加して、より速く、より便利なブラウジングを実現します。

その他の推奨事項

AVG セキュア ブラウザの詳細については、次の記事をご参照ください。

  • AVG セキュア ブラウザ 117.x Windows 版
  • AVG セキュア ブラウザ 117.x Mac 版
  • AVG セキュア ブラウザ 7.x Android 版
  • Microsoft Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education
  • Microsoft Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Education - 32 / 64 ビット
     
  • Apple macOS 13.x(Ventura)
  • Apple macOS 12.x(Monterey)
  • Apple macOS 11.x(Big Sur)
     
  • Google Android 8.0(Oreo、API 26)以降

この記事は役に立ちましたか?

お問い合わせ